Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

もうひとつの雨やどり*10(完)

テギョンは、助手席に自分の部屋にあったありったけのバスタオルを放り投げ、エンジンをかけた。
勢いよくエンジンがかかる。

スポンサーサイト

もうひとつの雨やどり*9

テギョンが目を覚ますとミナムはすでに起きて布団を畳んで、部屋には居なかった。
夜中に咳が出ることはなくなったし、熱もあれから出ていないようで、今日の午後からの撮影は出来そうだ。

もう一つの雨やどり*8

それからしばらくしてミナムの体調も良くなり、先日キャンセルになった雑誌の撮影が再度執り行われることになった。
今までのような音楽雑誌ではなく、ファッション雑誌ということもあり、当初テギョンは反対をしたのだが、
アン社長の計らいで強行的に実行されることになった。

もう一つの雨やどり*7

ミナムの激しい咳込みにテギョンはあわてて目を覚ました。
昨日の撮影で雨に降られ、合宿所へ帰ってきてからも青白い顔をしていたミナムを思い出す。

もうひとつの雨やどり*6

二人とも何も言わず、ただ座っていた。
虚しくテレビの中から笑い声が聞こえる。