Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Take Off*13 (完)

ミニョが院長とともに修道院の宿舎の中へ入ろうとすると、車の発進する音が聞こえた。
テギョンが帰ったのだろう。

スポンサーサイト

Take Off*12

「もう行きますね・・・」
名残惜しそうにミニョはテギョンから離れた。

Take Off*11

次の角を曲がるとミニョの修道院が見えてくる。
テギョンはこのままミニョを連れて合宿所へ戻りたかったが、ミニョの心情を考えるとそう簡単には戻れなかった。

Take Off*10

修道院へ向かう道中、二人は手を握り合っていた。
何か話をしなければ・・・と思うのだが、言葉が出てこない。

Take Off*9

ミナムの腕時計のアラームがなった。
その音はテギョンとミニョにも届き、二人は握っていた手を再び固く握りあった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。