Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

雨に唄えば4(ミナム×ミニョ) 後篇 (完)

テギョンとミニョは、逢瀬を楽しみ修道院の前で別れた。
ミニョの門限に間に合うように車を走らせ見送るのが二人のルールだった。

スポンサーサイト

雨に唄えば*4(ミナム×ミニョ)中篇

ミニョがミナムに声をかけようとした瞬間、玄関の扉が開いた。

「オッパ!」

雨に唄えば*4(ミナム×ミニョ)前篇 

雨が降ると思い出す。
誰も信じられないと思っていたあの頃。

雨に唄えば*3(テギョン×シヌ)

その日は一日中雨が降り続いていた。
珍しく合宿所に居るテギョンを見て、シヌは雨はそのせいか?と苦笑した。

雨に唄えば*2(シヌ×ミナム)

「雨だね~」

ミナムは、窓ガラスに次々と落ちてくる雨粒を憂鬱そうに眺めていた。