Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE SONG*6

「今日のゲストは、アジアを代表するアイドルグループ、A.N.JELLの皆さんです~!」
番組が始まりMCのミンジュに紹介されると、会場から割れんばかりの拍手と歓声が沸き起こった。


いつもの歌番組のように、何組ものアーティストたちが一堂に会すのではなく、今回は自分たちだけが
1時間トークをしたり歌を歌ったり、ファンと交流を深めたりという内容だった。
収録時間もほどほどに長いが、ずっと束縛されるような時間ではない。
A.N.JELLは午後一の収録開始の前にリハーサルを行う予定だったが、会場の設営が間に合わず、リハーサルもそこそこで
本番への収録へとなってしまった。

「お前たち、大丈夫か?」
マ・フニが心配そうな顔で控室にいるメンバーを見まわしたが、誰の反応もない。
「まぁ・・・信じてるけどな」
と、内心やきもきしていたが、尻を叩いてやる気を出させるようなメンバーでもないので、マ・フニは収録が始まるまで
余計なことは口にしなかった。
それが、彼らとの信頼関係だと思うし、彼らをマネージメントする上で大切なことでもあった。

テギョンが控室で、ギターを抱えていた。
いつもはシヌがメインで弾くギターを、今回はシヌが歌いテギョンがギターを弾き役割が全く逆になる。
テギョンは何でも器用にこなせるが、いささか今日は緊張しているようだった。

ポロン・・・ポロン・・・と、ギターをつま弾くテギョンの姿を、シヌは静かに見つめていた。
こんなときに、声をかけない方が良いのをシヌは知っていた。
けれど。
こんなときに、きっと彼の隣にミニョがいれば、不安と緊張が入り混じった負の感情を取り払ってくれるだろうことも知っていた。
誰の変わりにもなれないミニョ。
そばにいなくても、彼女のことを想い考えるだけで不安も緊張もなくなるのかもしれない。
テギョンにとって、彼女はそういう存在だということを痛いほど感じる。
自分にとっても、彼女はそういう存在だったけれど。

声がかかり、メンバーはスタジオへと向かった。
皆それぞれ意識を集中させる。

「カン・シヌ」

廊下で、ミナムが呼んだ。

「どうした?」
「・・・いや。なんでもない。今日も楽しもうね!」

ミナムはシヌの顔を一瞥し、言葉を飲み込んだ。
多分、言いたいことは違ったのだろう。
シヌは、ミナムに柔らかく微笑み頷いた。

トークも歌も順調に過ぎていく。
番組の中で4曲歌うことになっており、曲の順番は事前に渡されていた。
会場にいるファンのリクエスト曲が何になるかわからなかったが、やはり人気のあった
「約束」と最近のアルバムに収録されている曲の2曲に落ち着いた。

「コ・ミナムさんは、もうA.N.JELLとしての活動になれましたか?」

MCでは、新しく入ったミナムに質問が集中した。
テギョンはこういった場面であまり話さないことで業界では有名だったし、シヌもどちらかというと
後ろに回ってしまう。
ジェルミとミナムの二人でトークを盛り上げていくのが、彼らの常だった。
たまに、話を振られてテギョンもシヌも話す程度ではあったが、それでも滅多にみられないA.N.JELLのトークに
視聴率はどんどんと伸びていく。

シヌは、ミナムのトークをテギョンの隣で聞いていた。
たまに頷き、そして笑う。
テギョンは、テーブルの下でギターのコードの練習をしていた。
天才ファン・テギョン。
けれど、彼は努力も惜しまない。
天才の上に努力家であることをなかなか他人には理解されない。
彼も人であることを、彼自信が一番よくわかっている。

長く、一緒に活動してきた。
仲の良い二人ではないけれど、それなりに阿吽の呼吸も働く。
今までずっと歌を歌えなかったシヌを、今日の本番で歌えるとテギョンは信じているのだろう。
その気持ちがシヌにも痛いほど伝わる。

大丈夫だ、テギョン。
俺は、きっと歌える。

まぶしいスポットライトがシヌを照らす。
じっとりと自分の手が汗で濡れている。
シヌは、硬く拳を握りしめた。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
がんばれ兄さん!なポチをお願いします♡
関連記事
スポンサーサイト

Comment

よこち says... "ドキドキ"
まだ歌うところまで、行かなかったですね。
テギョンの緊張もシヌひょんのドキドキも聞こえてきそう。
本番上手く歌えますように♪
2011.08.24 19:50 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ドキドキ"
よこちさん>>
 コメントありがとうございます!
 そうなんです・・・。まだ歌ってませんww
 上手に歌って欲しいですね、シヌ兄さん!ファイティん!
2011.08.24 20:29 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.08.25 00:46 | | # [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
鍵コメさん>>
 コメントコマウォ~よ~。
 そうか!その上に乗せさせれば良かったのか、ミナム!!
 もうアタシ、テギョンと兄さんの位置でいっぱいぱいになっちゃってwww
 そうなの。兄さんのことだから、さらっと歌ってもらわないと困ります。
 涙流されると困りますww
 ここが悩むところなんだけどね~。
 もうひとふんばりなのでがんばりますわー。
 ミナム・・・・www
2011.08.25 09:50 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。