Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SugarStar★2

マ室長との打ち合わせが終わって台所に降りてきたジェルミは、ミナムとシヌがお茶を飲んでるのを見つけて駆け寄った。
「俺にもちょうだい!」

ジェルミの勢いにミナムがブッと口に含んでいたお茶を吹き出しそうになった。
「騒々しいなぁ・・・お前はいつもジュース飲んでるだろ」
と、シヌが騒がしいジェルミに眉をひそめた。
せっかく二人で飲んでたのに・・・というシヌの心の叫びはジェルミに伝わらず、ジェルミはミナムの隣に座りこんだ。
「たまには俺だってシヌ兄貴のいれたお茶が飲みたいよ~」
テーブルに顎を乗せ、上目使いにシヌを見る。
シヌの恨みがましい視線を感じたが、ジェルミは気にせず笑顔を返し、お茶をねだった。
「そうだ!おいしいお菓子があったんだ。コ・ミナム、待ってて。持ってくるから!」
「わかりました」
ミナムがお茶をすすりながらうなずく。
ジェルミはあわてて自分の部屋にかけあがっていった。
シヌは、やれやれといった顔をしながらジェルミの分のお茶を器についだ。

「おいしいだろう?」
ジェルミが持ってきたのは、色とりどりのかわいらしいコンペイトウだった。
ガラスの器に入ったコンペイトウは、光の粒のようにきらきらとしている。
「かわいい~~!そんなに甘くなくておいしいです!」
ミナムは一粒一粒じっくり眺めて、口にいれる。
おいしい表情をするミナムの顔を見るのがジェルミはとても嬉しかった。
「だろ?とっておきのコンペイトウだよ!」
「そんなとっておきのものをいただいてもいいんですか?」
ミナムが心配な顔をした。
自分が食べても良いのか?と不安になったのだろう。
「ミナム、気にしないで食べろ。ジェルミが食べようって持ってきたんだ。」
シヌもコンペイトウを一粒つかんで口に含んだ。
とてもさわやかな甘さが口いっぱいに広がっていく。
「そうだよ、ミナム。一緒に食べようと思って持ってきたんだ。好きなだけ食べろよ」
「でも・・・」
「良いんだよ。だって、お前この前から風邪ひいてただろ?少し甘いもの食べて栄養補給しろよ」
「ありがとう、ジェルミ・・・」
ミナムが頭を下げた。
ミナムに礼を言われ、ジェルミはすごく嬉しそうな顔をしていた。
お前も、ミナムのことが心配だったんだな・・・。
ミナムのために持ってきたコンペイトウを口に入れ、シヌははしゃぐ二人を見つめた。
いつも天真爛漫なジェルミだが、合宿所でも常にそうかと問われると、落ち込んだり黙ったり、いつも笑顔で
いるわけではなかった。
テギョンやシヌに気を使い行動したりもしてるだろう。
ミナムの前ではしゃぐジェルミはリラックスして見えた。
シヌは、お茶を一口飲んだ。
そして、二人を残し自分の部屋へと戻っていった。

「ミナム、今日お前午後からあいてるか?」
「午後からですか?」
ん~とミナムが自分のスケジュールを頭に思い浮かべる。
けれど、何も浮かんでこない。
「たぶん・・・・何もないと思います」
「じゃあさ、午後から一緒に買い物に行こうよ」
「買い物??」
「俺さ、これからインタビューの仕事が入ってるけど午後からは空いてるんだ。
テギョン兄貴も事務所で仕事だし、シヌ兄貴も写真の撮影で午後からいないから、二人でどっか行ってこようよ」
目をキラキラさせて誘うジェルミの顔がおかしくて、ミナムはわけもなく笑うところだったが、
ここで笑ったらジェルミに怒られるかもと我慢をする。
そんなに欲しいものがあるのかしら・・・。
珍しく興奮気味に誘うジェルミがかわいらしくて、ミナムは素直にうなずいた。
「いいですよ。じゃあ、ここで待ってます。終わって戻ってきたら一緒に行きましょう」
「絶対だぞ!約束だからな!!」
と、ジェルミは小指をだした。
「また約束だわ・・・」
ミナムは一人ごちた。
「え?」
「なんでもありません。僕は絶対約束守ります。」
ミナムはシヌだけではなく、ジェルミとも約束を守るハメになった。
守れなかったら罰ゲームはないのかしら・・・。
以前、シヌとの約束はまだ実行されていない。
けれど、シヌはまだそのことについて何も言ってこない。
シヌの約束もジェルミの約束も、簡単なものだ。
だからこそ、守らねば・・・とミナムは思う。
ジェルミと指切りをした。
真剣な顔で指切りを見つめるジェルミが見えた。
「なるべく早く帰ってくるから、間に合えば昼ごはんも一緒に食べようよ」
指切りが終われば、いつものジェルミ・スマイル。
ミナムはそれに笑顔で返した。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

KINACO says... "はじめまして[s:20533]"
とても面白かったです。私もシヌ派なのでシヌがこれからどうなっていくのか楽しみにしてますね。
できれば、幸せになってもらいたいな。
2011.03.26 08:32 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... ""
KINACOさん>>
 コメントありがとうございます!
 とっても嬉しかったです~~~!!!!
 書く励みになりました★
 ぜひぜひまた遊びにきてください♪
 シヌ兄さんに幸せな笑顔を浮かべれるようがんばります★
2011.03.26 08:50 | URL | #KL8g4UWA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。