Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

空も飛べるはず *26 (キュミン)

なかなかマッチする画像が見つけられなくなってきましたーん。
画像あった方がエエんだけどもね。

今日のティーザーはドンちゃんですね。
あーたまらーん。
とっても素敵なドンちゃんです。
これ・・・ミン君・・・どんなんなるの。
乙女?モロ乙女!?と期待しております。


でも、どんな路線なんでしょうか。
ワタシの大好きなwonderboy路線・・・じゃないよねwww

てことで、追記でお話です♪

空も飛べるはず *26


キュヒョンの手に携帯が渡った。
マネージャーが厳しい顔をしながら小言付きではあったけれども。

「謹慎はまだ解けないが、そろそろ携帯ぐらい渡しておかないと・・・という判断だ。
もう失望させるなよ」

久しぶりに触った携帯が重く感じる。
ずっと切られていた電源を真っ先に立ちあげると、一気にメールが受信され長いこと他の動作が出来ないほどだった。
くだらないメールも多かったけれど、今回の件を心配してチャンミンからメールが来ていた。
日本へツアーに行っていて直接会うことが出来ない、と申し訳なさそうな義理堅いメールで、
キュヒョンは少し笑った。
どんどんスクロールしていっても、ソンミンの名前は出てこない。
わかってはいたけれど、やっぱり気落ちする。
彼のことだから、メールをしようか、どんな文章を書こうか悩んだ末に送信ボタンが押せなかったのだろう。
その時のソンミンの苦悩はわかるけれども、そんな時だからこそメールが欲しかったと思う。

我がままだな・・・と、きゅひょんは自嘲した。

もう朝起きるとメンバーは中国へ出かけたと、残っていたイトゥクが教えてくれた。
同じ階にいるおかげで、普段はなかなか話せないイトゥクとの会話がキュヒョンを励ましていた。
そんなイトゥクも番組の収録で出かけてしまい、12階には自分だけが残されている。
マネージャーは事務所に呼ばれ、久しぶりに一人を満喫できる。
けれども、思い浮かぶのはソンミンのことばかりで。

「もうソンミンヒョンは中国へ着いたかな・・・。」

窓の外に広がる青い空。
中国で見る青空もここで見る色と同じだろうか。
もともと謹慎がなくても自分は中国行きのメンバーには入っていなくて、こうして
同じように宿舎へ残っていたのだが、なんだかやけに中国へ行ったソンミンが気にかかる。
彼らが帰ってくるのは明日。
それまでにしなくてはいけないことがある。
キュヒョンは、気を引き締め受信メールをスクロールした。

「あった・・・」

謹慎の翌日から今日までずっとメールが来ている。
電話も多分したのだろう。
けれど、電源を切っていて着信履歴には残らない。
大量のメールにキュヒョンは少しげんなりとした。

メールは同じようなことが書かれていて。
けれども、そのどれもがキュヒョンの心に響かない。
少し気持ちを落ち着かせ、キュヒョンはアドレス帳を探す。

「出てくれよ・・・」

番号を押して耳に電話を当てると、呼び出し音がなった。
少しの間があって、相手が電話に出た。

「キュヒョン君!?」
「ミイン、元気?」
「げ・・・元気よ!とっても心配してたの。全然連絡つかないし、会わせてももらえないし・・・」

電話口で聞ける声がソンミンだったらよかったのに、と思いながら相手に話を合わせる。
甲高い声が耳に障るが仕方がない。

「メール・・・くれてたんだね」
「そうなの。心配で・・・。あんなことになっちゃってごめんね」
「うん・・・それは仕方ないよ」
「でも、私それで良かったと思ってるの」
「・・・」
「だって、本当のことにしたいから・・・」

キュヒョンは深呼吸した。

「ね。ミイン。会えないかな?」
「え?会えるの?キュヒョン君、会ってくれるの?」
「どうにか時間をとるから。ミインの都合に合わせてあげられないんだけど。」
「うん、大丈夫!キュヒョン君と会えるなら、絶対時間とるから」

はしゃぐ声に、キュヒョンは苦笑する。

「じゃあ、時間と場所が決まったらメールするから。」
「わかった。待ってる。嬉しい。嬉しいわ」

そういって、ミインは電話を切った。
キュヒョンは、天井を見上げ息を吐き出す。
これから。
これからだ・・・。

その時だった。

「キュヒョン!!!!」

振り返ると、もの凄い剣幕で部屋に入ってくるドンヘの姿があった。

「お前!!!」

有無を言わさずドンヘはキュヒョンの胸倉をつかんだ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

mapimama says... ""
おはようございます!

きゃー!ドンへ、誤解しちゃってますね!?
けんかはやめて~!!(^^)/

ソンミン留守の間に、...どうなっちゃうのか、
楽しみで仕方ありません!

どっぷりお話にハマっていますよ!!楽しいです!
2012.06.23 08:11 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
mapimamaさん>>

 こんばんみ!

 ドンちゃん、すっかり熱い男に・・・wwww
 シヌヒョンにもわけてあげて!ってうちのシヌヒョン限定ですがwww

 お話楽しんでくれてありがとうございます!
 すっかりヨンの誕生日を祝うの忘れてました、ワタシ・・・。ガクッ。
2012.06.23 20:53 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する