Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空も飛べるはず AFTER *6





空も飛べるはず AFTER *6



二人の体は汗と吐き出した白濁とした液にまみれ、べとべとになっていた。
それでも、全ての感情をぶつけてくるキュヒョンをソンミンは全身で受け止めていた。
何度も絶頂に達し、意識を失いかける。

キュヒョンが求めているなら。

快楽で遠のく意識を必死に呼び戻し、ソンミンはキュヒョンに何度も応える。
それが、自分がキュヒョンへ犯した罪への償いになるのなら、何度でも応えて何度でも
我が身を差し出すつもりだった。

「ヒョン・・・ソンミンヒョン・・・」

苦しそうに切なそうに愛おしそうに名を呼ぶキュヒョンにソンミンも名を呼び返す。

「キュヒョン・・・サランヘ・・・」

その言葉が薄っぺらくならないように、キュヒョンの心に届くように、ソンミンは心を込める。
誰でもない、お前が好きだと、キュヒョンが納得するまで何度でも伝えよう。
今のソンミンに出来ることはそれしかない。
そうすることで、キュヒョンの心が軽くなるのなら・・・。

とうとう、ソンミンの意識が飛んだ。
薄れゆく意識の中、キュヒョンの声が聞こえた。

「ソンミン・・・サランヘヨ」

十分だよ、キュヒョン。
俺にはその言葉だけで、十分だよ・・・。




がむしゃらにソンミンを求め、欲望の全てをぶつけ、彼の意識がなくなって初めてハッと
キュヒョンは我に返った。

「ヒョン・・・、ヒョン・・・?」

呼んでも応えず、美しい屍のようにベットに横たわるソンミンをキュヒョンは抱きしめた。

「ごめん。ごめん・・・なさい」

こんなにも誰かに執着することが今までなかった。
キュヒョンは自分の中に沸き起こる押さえきれない負の感情に押し潰されそうだった。
人を愛すると、こんなにも弱くなるものなのか。と、自分が情けなく思う。
眠るソンミンの髪の毛を指ですいて、汗で顔にはりつく前髪を脇へと追いやった。
黒く短く整えられた髪をなぜる。

結局ソンミンは一度も謹慎の原因になったミインとのことを聞いてこない。
謹慎が解けても、事務所の説明を他のメンバーと一緒に聞いただけだった。
それ以上その事には触れずにいる。
キュヒョンもソンミンに事の全てを話すことはなかった。
ソンミンも、キュヒョン以上に傷つき不安にもなっただろう。
そういった不満も、苦しい気持ちもソンミンは表に出すことがなかった。

「もっと・・・言ってくれれば良いのに」

我慢しているのか、我慢・・・させているのか。

それなのに、自分だけがソンミンに感情を押しつけぶつけてしまっていた。
眠るソンミンにキュヒョンはそっと口づけをした。


「大人になるから・・・。貴方に見合う大人になるから・・・。
だから、ずっと・・・ずっと、そばにいて・・・」

眠るソンミンにキュヒョンの言葉は届かない。
聞けば今のままのキュヒョンで良いんだよ、とソンミンは笑っただろう。
ソンミンの綺麗な白い肌を汚してまで独占欲を描き、自分の所有物だと自己顕示するようじゃ
ダメだと今更ながらに思うのだ。

謹慎前につけた赤い印は消えてしまっていた。
そばに居ない間、誰かが自分の代わりにそれを彼につけるのが怖かった。
その印さえついていれば安心出来るなんて、子供みたいだと、キュヒョンは苦笑した。

時計を見ると夜明けが近かった。
携帯の電源は二人とも切っていて、無断外泊したせいでイトゥクやマネージャーから電話や
メールがたくさん入っているだろう。
ソンミンは眠っていた。
体力を使い果たして泥のように眠っている。
その原因を作った自分は逆に目が冴えて眠れない。

キュヒョンはのろのろとベットから立ち上がり、カーテンをわずかにあけた。
もう少しで日が昇る。
目を細めて窓の外を見れば、朝もやの中景福宮が建物の隙間から見えていた。

ベットの下に散乱している服を拾い集めて身に纏うと、静かに部屋から出て行った。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

はしし says... "キュヒョン~!"
キュヒョナ~!どこに行くの~!(>_<)もう、一人で走るんじゃないかと心配です。そしてミン君…母性すら感じる深い愛。あああ~!続きが気になります。連日コメントすみません!でも、読んだら書かずにはいられない。そしてまぴこさんとの会話がほくほく嬉しくて(*^o^*)お邪魔しました~。
2012.07.05 10:27 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: キュヒョン~!"
はししさん>>

 こんにちは! 連日コメント、めっちゃ嬉しいですよー!もう謝らないでくださいよぉ。うふ。
 キュヒョンどっか行っちゃいましたねwドンちゃん殴りに?いやそんなことないwww
 今回ミン君は母性あふれさせましたがwwwいつかブラックミン君も書きたいわけです。
 こんな良い子でばっかりいたら疲れちゃう~♪ナンテ。
 
 今日のMカからカムバですね~!もうたまらーん!って程楽しみにしています。
 こんなワタシで良かったらいつでも会話してくださいww
 ちなみに、アメブロもしてるので、もしはししさんもアメブロしてピグやってたらお庭に遊びにきてくださいね★

 
2012.07.05 11:54 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。