Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほうき星 *2 (ヘミン)

heamin-1-1.jpg




ほうき星 *2 (ヘミン)




「ありがとう」

ベットに寝せると、ソンミンヒョンが弱弱しい声で礼を言う。
呼吸がだんだん荒くなってきて、多分熱も高くなって来てるんだろう。
横になっても息苦しい呼吸をしていて、見てる方が辛い。

「薬・・・飲んだ?」
「栄養剤飲んだ」
「栄養剤・・・って、そんなの薬じゃないだろ」

ファンがいつも自分たちの健康を気遣って、漢方薬や栄養剤を贈ってきてくれている。
12階の二つある冷蔵庫のうち、一つはそれで一杯になってる。
多分、ここのもそうなんだろう。
栄養剤を飲んで治るような症状なら良いけど、ソンミンヒョンのはそういんじゃないっぽい。

「薬箱・・・見てくる」
「ん・・・」

正直、何を飲ませて良いかわからない。
どうしてこんなに高い熱が出てるのか原因がわからないから、下手に薬を飲ませて悪化させても嫌だ。
でも、苦しそうにしてるソンミンヒョンを見るのはもっと嫌だ・・・。

リビングにある薬箱を開けてみたけど、効果的であろう薬はもう飲み尽くされてて空っぽになってる。
底の方を見ても解熱剤はなくて、咳や鼻水の薬ばっかりが転がってる。

「ドンヘ・・・」

部屋から小さい声でソンミンヒョンの声が聞こえた。
慌てて部屋に戻ると今度は熱で顔を真っ赤にさせて、ソンミンヒョンがこっちを見てる。

「水・・・持ってきてくれない?」
「ああ・・・ちょ・・ちょっと待って」

心臓が早鐘を打ってる。


どうしよう。
ソンミンヒョンが・・・。
俺、どうしたらいいんだろう・・・・。



震える手で水を汲む。

もし・・・このまま・・・。
なんて不吉な考えが頭をよぎって居てもたってもいられなくなる。
昼間元気そうに見えたのが余計に堪える。

「水・・・持ってきた。ね。ヒョン。病院行こう。」
「・・・」

ゆっくりソンミンヒョンの体を起こして、水を飲ませる。
喉が静かに上下して、ソンミンヒョンの体に水が入っていくのがわかる。
汗が喉元を伝ってく。
なんか見てると気恥ずかしくなって、目をそらしてしまった。

「病院は行かない」
「でも、こんな熱で・・・」
「病院なんて行ったって良くならない。寝てれば治るから・・・」

そう言って、ソンミンヒョンはまた横になった。
起きてるのも寝てるのも辛い。
そんな顔をしてる。

「ね。ギュは?あいつどこいってんの?」

熱にうなされてるソンミンヒョンに夢中すぎて、ようやく思い出した。
キュヒョンだよ、キュヒョン。
ホント、あいつどこいってんの?

「キュヒョン・・・?今リョウクと遊びに行ってるよ」
「はぁ?」

思わず大きな声が出た。
あいつ・・・こんな時に?

「熱・・・出てるの、キュヒョンには・・・言わないで」
「だって!」

だって・・・。
その言葉の続き、本当は俺言いたくなかった。

ヒョンはあいつと付き合ってるんでしょ?って言葉に出したくなかった。
それが本当かどうかわからないけど、それをソンミンヒョンにいってしまったら、
嘘でも真実になりそうで。

「だけど、あいつ同室だろ?」

言いたい言葉を濁して聞くと、ソンミンヒョンは小さく笑った。

「同室だから、あんまり気を使わせたくないンだ・・・」
「だけどさ・・・」
「今日は・・・久しぶりに皆で会うって言うから、邪魔・・・したくないんだ」

おい、キュヒョン。
お前がここに今のこのこやってきたら、首を絞めるかもしれないぞ。

「ごめんね、ドンヘ・・・」

そっと、ソンミンヒョンが謝る。
俺に謝ることなんて何もないのに、なんで謝るんだよ。

ただ、俺は一人が寂しくてここに来ただけなんだよ・・・。


「明日になれば、治るから・・・ありがとう」

そう言うと、ヒョンは眠ってしまった。

ため息が出た。
何も救えない自分が情けなくてため息しか出ない。
俺に出来ることと言えば、氷枕と額のタオルを冷たくしてあげることぐらい。

キュヒョンだったら?
俺じゃなくて、キュヒョンが居たら、もっとヒョンは楽になれたのかな。
もっと・・・甘えられたのかな。

何も言わないソンミンヒョンの寝顔を薄暗闇の中、じっと見る。
雨音がここまで聞こえる。
でも、俺は寂しくない。
ソンミンヒョンが一緒に居るから。

「なんで・・・ギュなんだよ」

不意に言葉が出た。
思ってもなかったのに、眠るヒョンの顔を見てたら口からついっと出た。
ヒョンは返事をしない。
当たり前だけど。

ね、ヒョン。
俺、最近ヒョンとキュヒョンが一緒にいるの見ると胸が痛いんだ。
なんなんだろ。
俺、どうしちゃったんだろ。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

ひととせ says... "やっと遊びにこれたー(T^T)"
おはようございます!そしてご無沙汰しております^^

キャンプお疲れ様でございました♪
キャンプ…ふふ…好きですよぉ私も…←変鯛

コラボのお知らせありがとうございます!!(;O;)
なんかすごく照れます…コメ欄でも来ていただいた方が何人かいらっしゃって…すんごくうれしいですー(;O;)

そしてそしてきたきたドンへさん♡
やっぱり最初はぎゅに嫉妬する彼から始まるのですね★まぴこさんのどんちゃん応援していきたいです♪

とっても楽しみ!ありがとうございました(>▽<)
2012.07.10 07:34 | URL | #- [edit]
mapimama says... ""
まぴこさま

せ、せつない!
ドンへ、幸せになって欲しい...。
でも、幸せになりきれないんですよね、キュミンが前提だから...(><)。
だけど、ちょっとだけでも、お情けを!と思ってしまう、不憫な男がすきな私でした。

つづきも超楽しみです!
2012.07.10 08:51 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: やっと遊びにこれたー(T^T)"
ひととせさん>>

 このたびは本当にお誘いありがとうございます~!
 ひととせさんの素敵な二人にノックアウトな上に、ブラック気味なギュにも萌え萌えでございます。
 チャンミンと仲良くするギュ・・・それに焼きもち焼くユノってもう最高ですねwwww
 
 今回のドンちゃんは、悶々ドンちゃんで終わりそうですw
 いつ幸せになるのやらwwwww
 でも、応援してあげてくださいね~~!

 本当にありがとうございます~~~!!!!!


2012.07.10 09:41 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
mapimamaさん>>

 ドンちゃん、そうなんです。
 キュミン前提なんで、幸せになりきれません。
 キュミン前提じゃないヘミンだったら幸せになると思うんですけどもwwwww
 ってそれ書くのいつだよってw感じです。
 
 ワタシも不憫な男が好きなので、いじめちゃいそうですw
 
 いつもありがとうございまする~!

2012.07.10 09:42 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。