Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンネの密談

gyuー2

ヒョンらしく~の後日談!?ですw

マンネの密談



「あーチャンミン?」
「キュヒョン?」
「今大丈夫?」
「平気平気」
「この前のやつさー。やってみたよ」
「え!?マジで?ソンミニヒョン、どうだった?」
「すげぇ心配してくれてさー。なんかちょっと感動した・・・」
「そっかー。お前やっぱり大事にされてるなー」
「でさー」
「なになに?」
「すっげー萌えた~~!」
「なんだよ~ソンミニヒョン、何したんだよー」
「もったいないから言いたくないな~」
「ここまで言っといてなんだよ!気になるだろ!」
「仕方ないな~。あのさ。キスして欲しいってさ・・・おねだりしたんだよ」
「あー。あの作戦通り?」
「そうそう。たまにはヒョンからって言ってみたら、乗ってきてくれてさ!」
「やったじゃん!」
「そしたらさー!言葉攻めだよ!」
「ええええええええええええええええええ!あのソンミニヒョンが!?」
「もうたまんねー!」
「くそぉー!良いな~キョヒョン・・・。俺もユノヒョンに・・・」
「ってお前らそういうシチュ多いだろ」
「いやーそうでもないんだけど・・・」
「ヒョンに欲しいって言われてさー!もう俺平気な顔でいるのに必死でさー!」
「うわーそれはたまらないな~」
「だろー!?」
「それからどうした?」
「服脱がされて・・・」
「すげー!」
「やーもうでも、俺もたまらなくなって、結局押し倒しちゃったんだけどさ」
「でもがんばったなー」
「すんげー良かったよ~」
「そうか・・・たまにシチュエーション変えるとやっぱ興奮するよな。俺も今度ユノヒョンにやって
みよっかな」
「そうだよ。お前が先にこうしたら?って言ったんだから、やってみろよ。」
「ん~」
「悶えるぜ~」
「そうだよなー!」


「キュヒョン!!!!!!!!!!!!!!」


はっ・・・・と後ろを振り向くと、わなわなと怒りで震えているソンミニヒョン・・・・。
ヤバッ・・・チャンミンとの電話を・・・・聞かれた!?

「お前・・・・誰・・・・その電話の相手・・・・」
「いや・・・あの・・・」

オタオタしてると、ツカツカとソンミニヒョンが近付いてきて俺の持ってた携帯を取り上げた。

「もしもし!」
「キュヒョン?どうした?おい、キュヒョン?」
「その声は・・・・・」
「もしもし?」
「お前・・・チャンミン・・・・」
「・・・・え?」

電話越しのチャンミンがソンミニヒョンの登場でかなり焦ってるのが手に取るようにわかる。
すまん。チャンミン・・・。

「チャンミン・・・」
「ソンミニヒョン・・・」
「お前ら・・・」
「いや、あのですね。これには深いわけがあって・・・」
「深いも浅いもあるか!」
「お・・・落ち着いて・・・」
「チャンミン・・・おかげで俺はレポートが・・・」
「え?どういうことですか?」
「ううう・・・」

ソンミニヒョンはチャンミン相手に感極まっちゃって、涙声になってきてる。
レポート・・・そんなに大事なレポートだったんだ・・・。

「チャンミン・・・」
「はい・・・」
「ユノに・・・」
「え?」
「ユノに・・・言うからな!!」

と、捨て台詞をはいてヒョンは携帯を俺に放り投げて部屋から出ていった。
ぷりぷり怒ったあとのセリフが、

「ユノに言うからな!」

って・・・かわいいだろ!

「もしもし?」
「あ。キュヒョン?」
「ソンミニヒョンに聞かれちゃってさ・・・」
「そうだったの?」
「うん・・・ごめん。」
「良いよ。」
「でも・・・かわいかったな」
「え?」
「最後のセリフさ・・・。ユノに言うからなって子供の喧嘩の捨て台詞みたいでさ・・・」
「ホント・・・お前・・・バカ?」
「何とでも言え。それよりも、お前ユノヒョンに叱られるんじゃないの?」
「えー?そんなの願ったりかなったりだよ。」
「余裕だな~」
「それこそこっちの思うツボってやつでさー」
「腹黒だなー」
「お前には負けるけどな」
「その後どうなったのか電話くれよ」
「わかったよー。お前、ソンミニヒョンの機嫌とっとけよ」
「まかせとけ」

と、俺はチャンミンとの電話を切った。
さて。
ユノヒョンに愚痴ってるソンミニヒョンをかわいがりに行くとするか。

ヒョン、待っててね。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

ai says... ""
どうしようぉぉぉ。黒マンネたまらないwww
こっちも悶えます><

みんくんもやっぱりかわいい♡

あまりにもツボって興奮したので思わずコメしてしまいました(⌒~⌒)

あーたまらん。
2012.08.09 10:05 | URL | #WGv/JGO2 [edit]
はしし says... "黒っ!"
毎回すみません。でも読んだらコメントを書かずにはいられず。(*^o^*)

ギュ…そしてチャンミン…あなたたちは何てことを~!わなわな怒るミン君、浅いも深いもあるか!に、ユノに言うからな!にもうメロメロ。かわい過ぎでしょ~!もう拗ねても怒ってもかわいいなんて♪

あ~楽しかったです!(*^o^*)
2012.08.09 14:04 | URL | #- [edit]
mapimama says... ""
キャーキャー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆なんと、チャンミンの入れ知恵だったのね~o(^▽^)o
うふふ、ちゃんと、ホミンをさり気なく入れて下さり、悶絶♪( ´▽`)どなたか、またその後のホミン書いて~‼

それにしても、レポート(>_<)かわいそうに。ユノに言うからな、なんて、可愛過ぎ!

はあ(´Д` )悶えました(´Д` )
2012.08.09 19:56 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
aiさん>>

 初めまして~♪かな?

 コメントありがとうございます~!
 二人の黒マンネ・・・楽しんでもらえましたでしょうかw
 ミン君がなんだかんだ言って一番かわゆいんですけどもね。
 うふ。
 またコメントお待ちしてますよ~。うふふ。


 
2012.08.10 10:15 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: 黒っ!"
はししさん>>

 毎回コメントいただけてとっても嬉しいですよー!
 コメントないと寂しいです★
 
 ぎゅとチャンミン・・・こういうことしないとは思うけど、女の子同士だったら良いそうですよね。
 彼氏自慢w
 そんな感じにしたかったんですが、二人とも黒いので密談になってしまいましたw
 ミン君、すねてどうなっちゃいますかねぇ・・・。
 ぎゅのフォローが楽しみですねwwww

 
2012.08.10 10:17 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
mapimamaさん>>
 
 トンの二人良く知らないのにまた出しちゃいましたよw
 しかもチャミ様黒くしちゃったwwww
 ホント、どなたかホミンを!その後のホミンをww
  
 悶えてもらえて光栄です~♪
 そちらのシヌミニョには負けますけどもね・・・・・うふふふふ。

2012.08.10 10:18 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.08.10 11:04 | | # [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
鍵コメさん>>

 わわわわわ!!!!
 いらっしゃいませ!
 おまけにコメントありがとうございます~。
 そうなんです。実は書いてたんです・・・。
 恥ずかしいのでいつも足跡機能は消してたんですが、onにしてた時にお邪魔したんですね。
 いつもお話楽しみにしています~。
 私のなんてホント恥ずかしくて・・・。
 また更新お待ちしてますねー。
 こちらにもまた遊びに来ていただけたら嬉しいです♪

 ありがとうございますた!

2012.08.10 18:50 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。