Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒョンはつらいよ *14




何気にヘミンなエンディングで、かわゆいのなんのw

ヒョンはつらいよ *14





「イ・ドンヘ・・・・・・・」
「はぁい?」

キュヒョンを追って捕まえられなかったソンミンは練習室に戻り、普通にしているドンヘを睨みつけた。

「お前・・・キュヒョンが来るって・・・知ってたな?」

昨日から今日から、誰かと一緒に居る所ばかりキュヒョンに見られて余計に話しがややこやしく
なっている。
ドンヘとユノを恨むつもりはないけれど、お膳立てをしたのは確かで・・・。

「いや~。俺は練習室に行くって言っただけでさ。それにシウォンに飯につれてけって言ったから
当分来ないと思ったんだけど」

悪びる様子もなく話すドンヘにソンミンはため息をついた。

「なんで・・・?なんで、ドンヘ・・・」
「何が?」
「なんであんなこと・・・」
「え?キスしたこと?」
「それもそうだけど!」
「あ、好きって言ったこと?」
「・・・」

ソンミンは顔を赤く染めうつむいてドンヘから視線を逸らす。
その顔がまた可愛くてドンヘは抱きしめたくなり、ソンミンを掴もうとしたがするり・・と逃げられ、
不貞腐れながら言った。

「だって・・・本当だし」
「だから、俺は・・・」
「あんな逃げて言った奴の・・・どこが良いの」
「ドンヘ・・・悪く・・・言わないで・・・」
「あいつ、絶対しばらく帰ってこないよ。宿舎」
「そうだろうね・・・」
「わかってんじゃん」
「そりゃあさぁ・・・わかってるよ。」
「だったら、俺部屋に行っても良いかな」

「は!?」

この状況で何を言う!とソンミンは目を丸くしたが、この状況だから部屋に行くんだとドンヘは
胸をはった。

「だって、あいつ帰ってこないんでしょ。」
「わ・・・・わかんないじゃん」
「なんだ、その矛盾。さっき帰ってこないって言ったら、そうだろうねって言っただろ」
「いや・・・そうだけど・・・。こういう時は一人にさせてよ・・・」
「こういう時だから一人にさせないで一気に攻めるんでしょ」
「ドンヘ・・・」

ある意味ドンヘも何を言っても聞かないタイプで、そこはキュヒョンに似てるかも・・・などとソンミンは
ちらりと思う。
言っても言ってもわからないキュヒョン。
言っても聞かないで行動するドンヘ。
どっちも・・・どっちだよ・・・とソンミンはため息をつくしかなかった。

「今日はダメ」
「今日じゃなかったら良いのかよ」
「だ・か・ら!!!」
「なんだよ・・・・」
「俺・・・お前と寝る気・・・ないし・・・」
「なんでだよ!」
「ドンヘ・・・」
「なんで?俺じゃダメなの」
「俺・・・男なんだってば。お前女の子が好きでしょ」

ソンミンがそう言うと、ドンヘは怒りをたぎらせ大声で怒鳴った。

「だから!俺はヒョンが好きだって!何回も言ってんだろ!」
「ちょ・・・!声でかいって!」

予想外の大声にソンミンは慌ててドンヘの口を手で塞ぐと、その塞いだ手をドンヘに掴み取られ
胸に抱き寄せられてしまった。

「忘れさせるから・・・俺、絶対あいつのこと忘れさせるから」
「ドンヘ・・・」
「そうしたら、良い?ヒョンを抱いても・・良い?」
「俺・・・絶対キュヒョンのこと忘れないし・・・嫌いにならない。」
「ヒョン・・・」
「ドンヘとは・・・寝れないよ・・・」
「ヒョン!」
「ごめん・・・ドンヘ・・・ごめん。」

わずかに力の抜けたドンヘの腕からすり抜けるとソンミンは床に散らばっていた自分のタオルや
ペットボトルを拾い上げた。
3人が戻ってこないが、もうこれ以上練習する気にもなれなくて。
呆然とするドンヘに悪いと思いながらも、ここでなぁなぁになるのはドンヘに良くない。
自分の気持ちは伝えた。
あとは、ドンヘがわかってくれれば事はおさまるはずで。

ソンミンはドンヘの顔を見ないまま練習室を出て行った。
途中帰って来た3人に会い、体調がすぐれないと言い訳をした。
心配そうなシンドンと目が合う。

「ごめん。大丈夫」

そう一言言うと、ソンミンは事務所を後にした。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

みさっちゃん says... ""
キュミン前提だと思うとドンへが思うように、こういう時だからこそ一気に攻めてほしいですね。悪いドンへにはまってしまってキュミンが好きだったのに…
2012.09.04 12:32 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
みさっちゃんさん>>
 
 キュミン前提のヘミンと、前提じゃないヘミンではちょっとドンちゃんのキャラが違うかなぁと。
 基本甘えん坊のドンちゃんなんで、CPも受けが多いですよね。
 やっぱ攻めるとなると甘いか黒いかwになるので、キュミン前提では黒く、ヘミンだけでは甘いドンちゃんを
 目指しております。
 黒いドンちゃん・・・これからも見たいですかね?
 需要あるかなぁ・・・・。

2012.09.04 19:09 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.04 20:12 | | # [edit]
みさっちゃん says... ""
黒いドンへにどっぷりはまってしまって書いていただけるとうれしいです。まぴこさまの書かれるお話が大好きで、重い系には涙ぽろぽろ、甘い系には癒され、ソンミンは妖艶すぎて興奮しちゃいますね。
2012.09.04 20:27 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
鍵コメG様>>

 こんばんみ!
 おお!?ついに・・・ヘミンに・・・wwww
 でもやっぱりキュミン・・・わかります。
 ミン君にはぎゅったんしかいない!とわかるんですが、ついついついつい・・・・・w

 なんだかんだ言ってミン君はドンちゃんとぎゅったんのヒョンなのです。
 うん。がんばるぞー!
 アホの子ドンちゃんのドンはドンファンのドンだと思っております。
 私の希望願望が凝縮されてるw今回のドンちゃんを楽しんでもらえたら嬉しいです♪

 ラブラブキュミン・・・・がんばりまーす!!
 いつもありがとうございます♪

2012.09.04 20:37 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
みさっちゃんさん>>

 おお!見たいですか!黒ドンヘ見たいですか!?うふふふふ。
 私のお話大好き!なんて嬉しいです~♪
 これからもおもしろい!と言っていただけるようなお話をかけたら良いなぁ。
 いつもありがとうございますね!
2012.09.04 20:38 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。