Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

ヒョンはつらいよ *21(完)






皆さん、ありがとうございましたー!!!
一応完結です♪



ヒョンはつらいよ *21(完)




「ヒョン・・・」

ついついヒョンと言ってしまって、ハッとした顔をするキュヒョンにソンミンはにっこりと笑った。

「良いよ。ヒョンって言ったって。今までずっと言ってきたのに今更じゃない?」
「でも・・・」
「もうさ。キュヒョンのヒョンは止めたけど、ヒョンって言われるのは止めて欲しくないから」
「・・・」
「矛盾・・・してる?」
「まぁ・・・」
「だって、なんか悔しいじゃん。」
「え?」
「お前の方がずっと大人っぽいしさ。せめてもの俺のプライドってやつ?だったんだけどな」
「ヒョン・・・」
「ごめんな。早くに・・・お前に言えれば良かったんだけど・・・。」

キュヒョンはしょんぼりとうなだれるソンミンを抱き締めた。

「いえ・・・俺こそ・・・。」
「なんか、年上の俺がお前に嫉妬してさ、取り乱すなんてかっこ悪いしさ。それに、チャンミンとのことは
全然疑ってないのは本当だから・・・」
「わかってますよ・・・」
「だから、なんていうか・・・」
「俺もわかりました」
「ん?」

何が?何がわかったんだ?とソンミンは首を傾げる。
キュヒョンはため息をついて答える。

「あなたは無意識だってことに」
「は?」
「ユノヒョンもドンヘヒョンもその・・・無意識に漏れるあなたの色香にやられてて、勝手に俺がそれに嫉妬してた
ってのがよくわかりました」
「ちょ!おま・・・だから何言って!!!」
「気付いてくださいよ、いい加減・・・。その無駄に色気出して誘うの」
「や!誘ってないし!」
「いいえ。誘ってます!」
「だから、俺、男だって!」
「男だろうがなんだろうが関係ないです」
「お前なぁ!」
「だから、ドンヘヒョンにキスされるんですよ!」

ぷいっとキュヒョンは頬を膨らませてそっぽを向いた。

キュヒョン・・・根に持って・・・・・・。

ソンミンは呆れてため息をつきそうになったが、全面的に自分が悪いのでそうも出来ずに、
そっぽをむくキュヒョンに素直に謝った。

「ごめん。」
「わかりました?」
「うん・・・わか・・・・った」

項垂れて上目使いに機嫌を伺うその表情がまたたまらなく、キュヒョンは、あーっと天を仰いだ。

「だから!それがいけないんです!」
「じゃあ、どうしろってんだよ!」
「やっぱり。ヒョンは誰とも話をしないでください」
「え!?バカ!?お前バカじゃないの!?」

言われてキュヒョンは思いきりソンミンを睨みつけた。

「バカでも良いです!もうこれ以上嫉妬したら本当に俺壊れちゃいます!」
「あのなぁ・・・」

何かの冗談だと思いたい。
思いたいが、至ってキュヒョンは真剣な表情をしてソンミンに迫ってくる。
確かに、もうこれ以上こじれたらキュヒョンは壊れて使いものにならなくなるだろう。

「わかったよ、キュヒョン。なるべく・・・がんばるから」
「なるべくじゃなくて、全力でがんばってください」
「・・・・はいはい」

投げやりな返事でもキュヒョンは満足そうに頷き、そしてはたと思いつく。


「でも結局は・・・。」
「ん?」
「ユノヒョンやドンヘヒョンは・・・ソンミニヒョンの味方ってことですね」
「は?何言ってんの?」
「だって・・・」
「まぁまぁまぁ!!もう終わったことだし、もう良いじゃない。ね?ほら、明日も仕事早いし。
変なことを考えないで寝ようよ。ね?」

ソンミンはまたこじれるかと慌ててキュヒョンの言葉を遮った。
キュヒョンの言いたいことはわかってる。
ユノもドンヘもソンミンがヒョンとして振舞っているのをキュヒョンにもわからせたかったのだ。
二人ともソンミンの意思を尊重し、キュヒョンの荒ぶる気持ちを押さえつけようとした。
もし二人がキュヒョンの気持ちを尊重して、ソンミンの方へ助言すればもっと早くにヒョンを止めていたのかもしれない。

「まぁ・・・二人とも俺には意地悪だって・・・ことですよね?」
「え?」
「なんでもないです。」
「そか」
「てことで。」
「うん?」
「今日は・・・寝かせません」
「は!?」
「ようやく・・・俺の手元に戻って来たんです。寝かせませんよ」

言うなり、キュヒョンはにやりと笑いソンミンに口付けた。
存在を確かめるように、何度も何度も。
背に伸びるソンミンの腕のぬくもりを感じながら、キュヒョンは目を閉じる。

戻ってこれた。
この場所に。
ここに戻ってこれたことにキュヒョンは深く感謝する。
ヒョンは止めたと言っても、きっと今までと同じように自分を気遣い、そしてまたヒョンらしく振舞うのだろう。
そして、自分も同じように誰かれ構わず嫉妬するのだろう。
またわかり合えない日が来るかもしれない。
この先もずっと同じ気持ちでい続けれるなんてわからない。
二人が道を分かつまで。
それまで、それまでは・・・。
この言葉を彼に贈り続けたいとキュヒョンは思う。

「ソンミナ・・・サランヘヨ」



+END+




関連記事
スポンサーサイト

Comment

はしし says... "キュミン(*^o^*)"
きゃ~!おかえりキュミン!キュミンのやりとりにほっこりしました。

そうですよね!だだ漏れのミン君の魅力。ユノもドンヘもミン君の味方です。ふふ。ぎゅったん…手強いヒョンばかりだけど、ミン君と2人仲良くね~!

あ~キュミンたまりませ~ん!
2012.09.09 12:18 | URL | #- [edit]
ともこ says... ""
キュヒョンが可愛くて仕方がない!もう、キュミン最高っすーo(^▽^)o

でも、最後の

『この先もずっと同じ気持ちでい続け れるなんてわからない。
二人が道を分かつまで。』

ってとこが、ちょっとさみしいかな?

絶対ふたりはずーっと一緒に生きて行って欲しい!

ステキなお話をありがとうございます♡
2012.09.09 12:37 | URL | #- [edit]
ふくほしママ says... ""
素敵なお話、ありがとうございます

ラブラブキュミンにホッとしました~でも、完結しちゃて、寂しい気持ちも…

仲直りしてもひねくれてるキュヒョンに笑ってしまいました(^^;)
2012.09.09 13:32 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: キュミン(*^o^*)"
はししさん>>

 きゃー!ただいま、キュミン!
 結局は、ミン君のダダモレな魅力が悪いんです。そうだ、そうだww
 ぎゅったんの魅力は、ミン君限定だけどもw
 
 キュミン堪能してもらえて嬉しいです。
 さーヘミンがんばるかー!w
2012.09.09 13:59 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
ともこさん>>

 コメントありがとうございます~♪

 キュヒョンが可愛かったですか!?
 おおぅ。ありがとうございます。
 実は、ぎゅが上手く書けなくて・・・だったんですが可愛いと言ってもらえて嬉しかったです。
 最後は寂しかったですか?
 まぁ、ず~~~っと一緒に生きてくと思いますがw
 この部分だけちょっとリアルに考えてしまいました。
 あー兵役行ったらどうなっちゃうんだろう。
 もうこの二人一緒に行けばいいのにw

 こちらこそ、コメントありがとうございました★
2012.09.09 14:01 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
ふくほしママさん>>

 コメントありがとうございます!
 こちらこそ、完結までお付き合いいただき感謝感激です★

 これからヘミンルートも待ってるので、もしヘミンでも良かったら同じ話の別世界なお話を
 ぜひぜひ・・・。
 ぎゅったんってなんかひねくれてるって思っちゃうんですよね~。
 ブラックマンネだから?なんて・・・w
 
 また遊びにきてくださいね!
2012.09.09 14:02 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.09 14:05 | | # [edit]
志乃 says... "お疲れ様です!"
キュミンバージョン完結お疲れ様でした!

いや~、良かった。キュヒョン、ちゃんと浮上出来て。
そりゃぁダダ漏れの色気を心配して当たり前だよね!
わたしも心配だもん!(笑)
それにしても、キュヒョンくんの可愛かったこと。
とても楽しませて頂きました♡
ありがとうございました♡

次は黒ドンヘですね、楽しみにしています!
あ、大人キュミンもね~!←まだ言ってみる。
なんかこう、血を吐きそうなの書いてくれそうな気がして・・・。
ダメですかねぇ。
2012.09.09 14:25 | URL | #YM16R1CM [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
鍵コメG様>>

 長いことありがとうございます!!!
 コメントに励まされておりましたー。
 
 ぎゅったんの苦悩は永遠に続きますwww
 あんなにエロスがダダモレ!!!してるミン君、ホントやばいですよね~~。
 傍にいたら毎日心配でたまりませんw
 もしワタシ恋人だったら、もうもうもうもう!!!!!
 嫉妬どころの騒ぎじゃありませんことよw
 
 そんな感じでwとりあえず、キュミンルート完結出来て良かったです。
 次の黒ドンヘルートwも楽しんでもらえると嬉しいですが、が!!
 ぎゅったんは可哀そうになる予定なので・・・・。すみません。と謝っておきますですwww

 コメントありがとうございます♪
2012.09.09 21:54 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: お疲れ様です!"
志乃さん>>

 ありがとうございます!
 なんとか終わった、キュミンルート!
 ヘミンルートが待ってますねw
 
 やーぎゅったん、最後まで浮上出来ないかな?と思いましたがw単純キャラ設定(自分なりにw)だったので
 なんとか浮上出来ました。
 もっと上手に心情の変化をかければ良かったんですが、まだまだ修行が足りません・・・。
 そんなぎゅったんをかわいいと言ってもらえて本当に嬉しいです。
 ありがとうです♪

 次は黒ドンヘ!
 今回の白ドンヘとはまた違った男前・・・つーか。ダークな感じを出せたらなと。
 大人キュミン・・・結構今回大人だったじゃないですかwwww
 え?もっと?!
 血を吐きそうなERO!?
 精進しますw
2012.09.09 21:57 | URL | #- [edit]
春夏秋冬 ひととせ says... ""
ほぉぉぉ…
きゅみんサランヘヨー!!!叫
お話のクオリティーが高すぎて気が抜けてしまいました…
多分まぴこさまの書く小説って私の書く小説に比べて、絶対エロ少ないのに…どうしてこんなにエロいんですか!!(興奮)w
脱帽でございます…もう一生まぴこきゅみん信者です///
2012.11.01 08:24 | URL | #- [edit]
☆ニア☆ says... "よかった〜(≧∇≦)"
ギュ可愛すぎ(≧∇≦)
ギュにあんなに愛されてる
ミンたんが羨ましい〜(笑)
ギュのドロドロとした感情が
わかりすぎて一緒に泣きそうだった…
二人が戻れて本当よかった(≧∇≦)
ミンたんの色気だだ漏れが全ていけないのよね(笑)

今回はヘミンルートあるとわかってるから
全力でキュミン応援しました
けど途中やっぱりどんちゃんかわいそうで…
ヘミンルート楽しみ(≧∇≦)
2014.09.22 14:56 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: よかった〜(≧∇≦)"
ニアさん>>

 途中で、やっぱわけよう・・・って思ってからかきやすくなりました。
 キュミンはやっぱこう少しドロドロというか、鬱々したのが良いかなってwwwww
 ヘミンENDも愉しんでいただけてたら嬉しいです。
 
2015.06.11 21:31 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する