Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

ヒョンはつらいよ HaeminEnd *3




★ヘミンルートです!ぎゅったんは幸せになりません!キュミン至上主義な方、ギュったんを愛してやまない方は
ご覧にならない方が良いかもしれません・・・★



ヒョンはつらいよ HaeminEnd *3



「ソンミン?」

ベットに腰をかけて呆けてるソンミンを見てシンドンは驚いて駆け寄った。
シンドンに呼ばれゆっくりとソンミンはドアの方を向く。
この前この部屋に来た時よりも暗く限界ぎりぎりのところにいるであろう表情で、ソンミンは微笑んでいた。

「どうした?」
「ごめん・・・なんかちょっとドンヒに会いたくなって・・・」
「これから仕事・・・じゃなかったっけ?」
「うん・・・」

カバンを床に置き、ソンミンの隣に座って肩を抱く。
ここ数日で彼の体が小さくなってしまった気がするのはなぜだろう。
こんなに自分の腕にすっぽりと入ってしまうぐらい小さかっただろうか。
シンドンは、思い悩んでいる親友の肩を抱き優しくぽんぽんと叩く。

「ね・・・ドンヒ」
「ん~?」
「俺さ・・・」
「うん」
「どうしたらいいかわからなくなってて・・・」
「うん・・・」
「相手のためにしてたことが無駄だってわかって・・・。だとしたら、俺は相手にとって必要のない人間なのかなって
思って・・・」
「ソンミン・・・」
「俺のしてたことが全部無駄で、だから相手を苦しめてるんだったら、俺が傍に居ない方が良いんじゃないかって・・」
「考え・・・すぎじゃないのか?」

消え入りそうな声でぽつりぽつりと心情を吐露するソンミンの顔はシンドンからは見えなかった。
顔が歪むのを必死に我慢しているのだろう。
声が少し震えていた。

「俺・・・どうしたらいい?俺・・・」
「ソンミン・・・お前はどうしたい?その相手のそばから居なくなりたいのか?」
「わからないんだ・・・・。わからない・・・」

ソンミンは顔を手で覆った。
思いきり目を閉じても、キュヒョンの顔が浮かんでこない。
キュヒョンは今何をしているのか、どうしてるのか気になっているのに、肝心なキュヒョンの笑顔が浮かんでこない。
そんなソンミンの背中をシンドンは優しくさすった。

「な。少し・・・距離を置いたら良い。傍に居なくなって初めてわかることも・・・あるんじゃないか?」
「もし・・・もし、本当に離れてしまったら?」
「それは・・・そこまでだったんじゃないか?相手にとっても、お前にとっても」
「怖いね・・・」
「怖いけど、こじれたまま一緒に居れば、最後は相手を憎んでしまうかもしれないんじゃないか?
新しくスタートするために、距離を置くと考えたら良いんじゃないかな」
「・・・」

ソンミンは返事のかわりに小さく吐息をついた。
シンドンの言うことはもっともで。
最後憎くて別れるなら、今少し離れた方が良いのはわかっている。
けれど、今離れてしまえばもう戻れないかもしれないと、ソンミンは思う。
きっと、自分はキュヒョンの元へは戻れない。
別れたくないし、傍に居たくないわけではない。
けれども、傍に居れば居るほどキュヒョンは悩み苦しんでしまう。

シンドンは何も言わずソンミンを抱き締めた。
温もりがソンミンを包み込み、いつものように気持ちが落ち着いてくる。

「ありがとう、ドンヒ・・・」

礼を言うと、シンドンは嬉しそうに笑った。
その笑顔を見て、ふと。

もう自分はキュヒョンを抱き締めても、こんな風に笑わせられないんじゃないか。

そんなことを思及び、シンドンに悟られないよう涙が出そうになるのを我慢しながら、
ソンミンは微笑み返した。




****




「おい、キュヒョン!」

翌日は、前日同様キュヒョン、シゥオン、イェソンとのブランド服の撮影の続きがあった。
前日順調に進んだおかげで、今日の撮影は少なくてすみそうだ。
ドンヘとシウォンがメインで撮影することになっており、キュヒョンとイェソンは待機が多かった。
明らかに気まずそうな顔をしているキュヒョンに挨拶され、ドンヘは平静とした顔を作り挨拶を返す。
普段からあまり表情を隠さないキュヒョンがあからさまに戸惑い、警戒しているのを見て
ドンヘは自分の勝利を確信し、笑みがこぼれそうになるのを必死に押さえつけた。

「なんだよ・・・酷い顔だな」
「すみません・・」
「お前、昨日はどこにいた?」
「え・・・」
「昨日だよ。宿舎に・・・帰らなかったのか?」
「はい・・・」
「なんで?」
「・・・」

キュヒョンは俯いた。

「ホント・・・お前ってバカ」
「ヒョン・・・」

そうさせたのは、ヒョンのせいでしょう?と批難したいだろうにキュヒョンはずっと俯いていた。
ドンヘはそんなキュヒョンの顎に手をかけ、顔をあげさせる。

「もらうな」

にっこりと笑い、ドンヘは一言言った。
それが何を意味するのか・・・キュヒョンの顔が蒼白になっていく。

「ヒ・・・ヒョン!!」
「バカなキュヒョン。お前のその自信のなさが全部悪いんだよ。」
「ヒョン!」
「俺は忠告したぜ?」

そう言って、ウインクすると青白い顔で呆然とするキュヒョンを一人残し、撮影に戻る。
キュヒョンが追いかけてこようとしたが、ドンヘは拒絶の意味を込めて振り返らず肩越しに手を振った。

終わりだ、キュヒョン。
俺は、賭けに・・・勝ったんだ。


にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

Comment

mapimama says... ""
ソンミン(>_<)かわいそうに、辛いね。

そして、ドンへ♪(´ε` )賭けに勝っちゃった\(^o^)/わ~
むふふ、賭けに勝ったし、遠慮なく、もらって下さい‼♪(´ε` )
2012.09.13 12:28 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
mapimamaさん>>

 ホントにかわいそう!!
 でも、悩まないでさくっとぎゅったん捨てるタイプでもないので、ミン君悶々してもらいますw
 あとはドンちゃんがどう動いてくれるか・・・。
 ここまで来たら、もう黒くなくてもエエかなwなんて・・・w
2012.09.13 13:05 | URL | #- [edit]
はしし says... "もらうなって!"
もらうなって!もらうなって!言いましよねっ!!きゃ~!もう、黒ドンちゃんにくらくらしっぱなしです。(*^o^*)

攻めのドンちゃん、楽しみにしています。ドキドキドキドキ。
2012.09.13 15:29 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: もらうなって!"
はししさん>>

 くらくらしてもらえてますか!?
 ドンヘらしさを出しつつ黒さも出しつつ・・・・・。

 そして、こちらを立てればあちらが立たず状態で、ホントぎゅったんには申し訳なく・・・。
 キュミン前提のヘミンはもろ刃の剣です。
 ドンヘが喜べばぎゅは泣き、また逆も・・・・・。

 今度はキュミン無のヘミン書きますwwwww
2012.09.13 18:01 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.13 20:35 | | # [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
鍵コメG様>>

 こんばんみ!
 いつもコメントありがとうございまする~。

 ホントに、動画見てたらキリないですよね!
 時間があっという間に過ぎて行く~。
 そしてエルプちゃんの仕事凄すぎて、もうもうもう!
 悶絶する動画多いですよね~。

 やっぱこちらはヘミンルートなので、ぎゅったんに涙をのんでもらうんですが、
 くっついてたものを別れさすのって書いてるこっちも辛い~・・・・・・。
 でも、ドンヘにはがんばってもらわないと!
 
 ドンヘが連れて行きたい場所。
 それ良いですね!!!
 すっごく素敵!
 ラストで使いたいな~。まだラスト決めかねてて・・・・。
 もしかしたら使わせてもらっても・・・エエすか?
 ってそんなん言ってばっかりですね。ごめんなさい。
 だって素敵なんだもーん!
 私はもっと不純な場所に連れてくつもりでしたwwwww

 なかなかキュミンありきのヘミンは難しいです。
 ぎゅったんと別れさせなきゃいけないってのが・・・。
 ドンヘが諦めるのはたやすいwんですが、ドンヘが得るのはキュヒョンと言う大きな壁を
 壊さなきゃいけないので・・・。
 自分で自分の首を絞めてますねw
 そして、そんな私に励ましのコメントありがとうございます!
 がんばります~!
2012.09.13 23:13 | URL | #- [edit]
志乃 says... "こんばんは~!"
マピさん仕事早いから、がっつり進んでますね!w
ヘミンルートって事で、1から読み直して来たー!

キュヒョンが弱っていくにつれて、ドンヘがグググッと出て来てるねぇ~!(*^_^*)
でも、何て言うか・・・ドンヘの押しに、抵抗、と言うか戸惑って?キュヒョンの事を考えるミンくんは、キュミンルートよりもキュミンを感じる出だし。
ここから、ドンヘの押しにミンくんがどう落ちるのか楽しみだー!
わたしだったら、ソッコー落ちるわ、黒ドンヘ。うふ♡

2012.09.13 23:46 | URL | #YM16R1CM [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: こんばんは~!"
志乃さん>>

 こんにちはー!
 ヘミンルートと銘打ったからには、ドンヘにずずずいっとがんばってもらいます。
 でも、そうするとぎゅったんがねぇ・・・・。
 キュミンルート以上にギュったんのことを思ってるミン君になっちゃって!!!!
 どうしよー!とあわあわしておりますw
 
 ホント、ワタシも黒ドンヘでも白ドンヘでもどちらでもドンちゃんだったら落ちちゃうわー!!!

 コメントありがとうです~♪
2012.09.14 11:52 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.14 19:27 | | # [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
鍵コメG様>>


 いつもコメントありがとうごじあます!
 ホント、素敵でしたよー!
 妄想も最近限界がwww来ていて、なんか前も書いたなーって思ったりするんです。
 なので、違う人の意見は重要です~!
 なるほど!そういう手があったか!と。
 話しの展開に悩んでいるときなど、話しを聞いてもらって考えついたり、人の話を聞いて思いついたり
 ってのがあるので、こうしてコメントで書いていただけると、先が見えてきたりします~。
 
 ぎゅの壁をぶち壊すのwwwなかなか大変ですが、がんばります~~♪
2012.09.14 21:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する