Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

PumpKin、PumpKin! *3(完)

PumpKin、PumpKin! *3(完)




帰りは順調。
俺を誘惑するものは何もない。
携帯ショップもゲームショップも本屋も宿舎への道のりにはない。
ひたすらアイスが溶けないように走って宿舎へ戻る。

「ただ今戻りました!!!」

と、部屋に飛び込むとリビングにはウニョクヒョンとドンヘヒョンとソンミニヒョンがリビングで
雑談をしてた。
おかげでソンミニヒョンの機嫌が・・・・治ってる・・・・。
それはそれで悔しいが、とりあえず献上品を上納しないと・・・・。

「なんだよ、キュヒョン。すっげぇ汗・・・どこ行ってたんだよ」

と、汗だくの俺を見てドンヘヒョンが笑う。
うう。
笑うがいいさ。
この汗は俺の努力とヒョンへの愛情の結晶だ!

「あの・・・アイス・・・買って来たんで食べてください」
「え?アイス!?お前この暑い中アイス買いに行ってたの?」

と、ウニョクヒョンが嬉しそうに言う。
でも、南瓜アイスだって言ったら絶対がっかりしそう・・・。
だけど、アイスはソンミニヒョンのために買って来たんだし。

開き直ってアイスを一つずつ配る。
肝心のソンミニヒョンはずっと無言・・・・・。

「ヒョン・・・アイス・・・」
「プリンじゃ・・・なかったの?」

うっ!!!

突っ込まれた。
そこはヒョン。
なかったからアイスにしたって察してくださいよ・・・。

「すみません。もう売り切れちゃってて・・・。かわりに南瓜アイスを買ってきましたよ」
「え?南瓜アイス!?」

南瓜好きなヒョンにはたまらない一品だが、残りの二人にはそうでもない一品だったようで、
開けた瞬間、えー!という声が聞こえた。

「キュヒョン・・・お前せめて、いろんな種類のアイス買ってこいよ。
全部南瓜って・・・・」

と、ドンヘヒョンが呆れてるけど、そもそもそれはソンミニヒョンのために買って来たんです!

「お!でも案外おいしー!」

ウニョクヒョンは一口食べて美味しかったようで、喜んでくれてる。
そんな二人を見て、ソンミニヒョンもアイスの蓋を開けて食べ始めた。

「ん!美味しい!!」

アイスが溶けちゃうほどかわいい笑顔で食べてくれるソンミニヒョン。
あー身悶える・・・。
他の二人がいなかったら抱きつくとこだった・・・。

「ありがとう、キュヒョン。美味しいよ!」

良かった!機嫌が直った!!
俺はそれだけで嬉しいです。

ちらりと時計を見ると、予約の時間が迫ってきている。
もうヒョンのアイスもなくなって来てる。
このタイミングを逃せない!

「ヒョン・・・あの・・・」
「ん?」
「あの・・・・」

他の二人がいるからなかなか言い出せない俺にヒョンはにっこりほほ笑んでくれた。

「そうだね。そろそろ時間だね」
「はい」

良かった・・・・。

「あれ、どっか行くの?」

と、ドンヘヒョンの問いかけにソンミニヒョンが嬉しそうに言う。

「うん。この前雑誌に載ってたお店に食べに行くんだ」
「へ~。二人で?」
「そ。」
「良いな~!な~ヒョク。俺たちもどっか飯食いに行こうぜー」

ドンヘヒョンに話しを振られてウニョクヒョンは困った顔をする。

「えー?どこに?お前と食べに行ってもつまんなーい」
「良いじゃんたまにー」

なんて会話をしてる二人を残して、俺たちは部屋に戻って出かける準備をした。
ヨレヨレの部屋着から、アイドルの私服らしい服に着替えて髪をセットする。
部屋着のヒョンもかわいいけど、私服のヒョンもかわいらしい。
この前ファンから贈ってもらったっていう服を着て、一応俺もその服に合うようなコーディネートをする。

「うん。かっこいい」

そうヒョンが褒めてくれる。
それから後ろの届かない髪をセットしてくれた。
きっと背伸びしてるんだろうなぁと思うとかわいくて仕方ない。
ここで・・・振りむいちゃいけないんだけど、振り向きたくなる。

もうそろそろ・・・機嫌直ってるよね?
パンプキンプリンならぬパンプキンアイス。
たのむよ、ジャックオランタン。
今年のハロウィンには絶対飾るから、お前の力でヒョンの機嫌を直してくれよ・・・。

と、覚悟を決めて振り返ると、櫛を片手にまだ不機嫌に頬を膨らませてるヒョンが居た・・・・。

クッ・・・やっぱりプリンじゃなかったから・・・・。

「ヒョン・・・」
「キュヒョン。なんて言うの」
「え?」
「ご・め・ん・な・さ・い!だろ?」
「それはさっき言った・・・」
「もう一回言って!」

プンプン!って怒られてれもかわいいだけなんだけどな。
そのふくれっ面を見てるのも楽しんだけど、ここは素直に謝っとこう。

「ごめんなさい」
「もうほったらかさない?」
「ほったらかしません」
「ゲームばっかりしない?」
「それはちょっと・・・約束・・・」
「こら!」
「いやいや。少しするの控えます」
「微妙な言い方だなぁ・・・」

上目使いでじっと見ながら、俺の誠意を推し量ってる。

あと一息だ!
もう少しだ!

ヒョンが口を小さく尖らせて、ぷいっと横を向く。
うん。そろそろだな。

「じゃあ・・・良いよ!許してあげる」
「ありがとうございます」
「今度やったら・・・承知しないからな」
「わかりました」
「じゃあ、仲直り」

と、言って、ヒョンが大きく手を広げた。

ふっ・・・。
今日も一日お疲れさん、俺。
アイスは美味しかったし、新しい携帯は見れたし、ヒョンの機嫌は直ったし。

「愛してますよ、ソンミニヒョン」

手を広げて俺を待ってるヒョンをぎゅっと抱きしめた。
いつもの仲直りの儀式。
そして、ちゅっとキスをする。
軽く挨拶程度のキスだけど、ごめんね。の意味がたくさんこもってる大事なキス。
その後は必ず、

「俺もだよ!」

って、最後には満面の笑顔で言ってくれるソンミニヒョン。
ああ。俺って幸せ者。

「さ、行こう!もう腹ペコだよ!」
「そうですね。行きましょう」

今日の予約したお店、美味しいと良いねって言いながら手をつないで部屋を出た。
おっと、危ない。
誰も居なかったから良いけど、誰かいたら冷やかされるとこだった。

「別に良いじゃん」

ってヒョンは言うけど。
ヒョンと手をつないでにやけてる顔なんて見せられないよ。
それに、もったいないじゃない?
俺たちの世界を覗かせちゃうなんてさ。

「何ニヤニヤしてんの?行くよ」

そう言って、ヒョンが俺を見上げる。
その仕草がかわいくて、不意打ちのようにヒョンにキスをした。

「もう!」
「ヒョン・・・愛してますよ」
「知ってるから、もう言わなくても良いよ!」
「愛してますよー」
「わかったってば!」
「愛してます~」
「わかったって!!」

ヒョンのキスで俺の口は塞がれてそれ以上言えなくなった。
甘い甘い南瓜の味がする。
南瓜の味は幸せの味なのダ。


+END+






お粗末さまでしたー!
私のキュミンって・・・・ガクッ・・・・・・・。
もっと萌えを・・・・萌えヲーーーーーーーーッ!!

関連記事
スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.22 01:14 | | # [edit]
gyugyu says... ""
いや、いや・・・・・・、じゅうぶん萌えましたよ?

デレギュ、いいですね~(*´∀`*)

スネてるミンくんも、ちょーカワイイし!
こんなカワイイ恋人を、無視してゲームに没頭するギュは最低だな(笑)

2012.09.22 08:21 | URL | #- [edit]
はしし says... "ぎゃ~!"
ミン君が可愛い過ぎてたまりません!(*^o^*)ぎゅったん、何でこんな可愛い人よりゲームなんだ!寄り道なんだ!

ああ~ほっこり♪ああ~癒やされました。すねるミン君にデレるぎゅったん、ごちそうさまでした!
2012.09.22 11:04 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.22 12:59 | | # [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: はじめまして^^"
鍵コメT様>>

 こんにちは!初めまして!
 コメントありがとうございます~!
 ぎゅったんペンさんなんですね!
 このたびのヘミンでは・・・・・・、ミアネヨー!しか言えません・・・・(涙
 そして今回のちょっとナ・・なぎゅったんで、重ね重ね申し訳ないです・・・。
 僕中心な彼なので、まぁそれをミン君も許しているという前提なので
 こういったキュミンが時折・・・・。
 こんなワタシのお話ですが、楽しんでいただけたら嬉しいです~~~~。
 ヘミンもがんばりますね~♪
 またお待ちしておりますね★
2012.09.23 08:20 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
gyugyuさん>>

 こんにちは!
 萌えて・・・・もらえましたか!?
 良かったー。
 最近萌えが足りないなぁ(キュミン限定)と鬱々としておりました。
 ギブミー萌え!
 ギブミー創作力!!!!
 初めて、スネてるミン君書いてみましたが、かわいかったですか??
 うふー。良かった♪

 ホント、ぎゅったん最近ほったらかし過ぎだよ!!!って怒りたいです。
 コメントありがとうございますたー★

2012.09.23 08:22 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ぎゃ~!"
はししさん>>
 
 こんにちはー!
 ミン君、たまにスネさせてみましたが・・・・wwwww
 多分ぎゅったんにはミン君の愛らしさは日常になってるんですよね。
 少しありがたみを感じてよ!!!
 という前提でwヘミンを読むと楽しさ倍増!?
 と、書くとワタシぎゅったんが憎いみたいwwwですが、違いますよー!
 ほっこりも楽しんでもらえて嬉しいです~♪
 いつもコメントありがとうございます!
2012.09.23 08:25 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
鍵コメG様>>
 
 幸せ~~~~になってもらえましたか?
 なんか最近私のキュミンは迷走してる気がします。
 もっと萌えを!
 もっと創作力を!! 
 と、悶えています。
 
 ミン君は何しててもかわゆいですよね~。
 最近お疲れのようなのでとても可哀そうですが・・・。
 
 ほっこりしてもらえて嬉しいです♪
 また楽しんでいただけたら嬉しいです~~~。

 コメントありがとうございますた★
2012.09.23 08:39 | URL | #- [edit]
志乃 says... "こんにちは!"
まぴさん、こんにちは~!
ちょっとご無沙汰しちゃった・・・。
でも、毎日読ませて頂いていました!

ぷりぷりしてるミンくん、かわいい!!!
キュヒョン、だめだめじゃないですか(笑)
やっぱりこの二人は最強。
あ、ヘミンもビジュアル最強なので、好きですが~
もちろん続きも楽しみにしてますが~
キュミンに激しく萌えました♡
ごちそうさまでした!!
2012.09.23 15:13 | URL | #YM16R1CM [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: こんにちは!"
志乃さん>>

 こんばんみ!
 毎日来てくれてるなんて!!!
 嬉しいお言葉ありがとう~♪
 
 ぷりぷりミン君かわゆかったですか?
 あんまりぷりぷりしてるイメージないんですけどもね。
 キュミンに最近萌えを供給してもらってないせいか?それともヘミンの呪いなのか、
 全然キュミンが書けない!病です。
 このままだとヘミンサイトに!ナンテwww

 またいつでも来てくださいね~♪
2012.09.23 18:38 | URL | #- [edit]
春夏秋冬 ひととせ says... ""
まぴこさま☆

うきゃーん♡
まず動画がかわいい!!涎
ソンミンちゃんの天使&小悪魔っぷりが!ハアハア
そしてヲタギュ最高ww
季節にもぴったりだし、あとで個人的にブログで紹介させてくださーい^^ヲヲヲ
いやぁ…萌ぇぇ!!!!←
なんでまぴこさんのきゅみんってこんなに萌えるんですか?w
ほっぺたぷくーってして怒ってるソンミンちゃんの顔がどストライクなひととせでしたー!
ではテンションハイのまま学校行ってきまーす(>▽<)(もはやまぴこさんが母な件ww)
2012.10.03 06:34 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
ひととせさん>>

 ヲタぎゅのゲームは、ひととせさん設定のゲームです♪
 本当はもっとゲームネタそのものでお話を書こうと思ってるんですが
 なかなか手が回らず・・・。
 もしその時はご一報しますです。
 そして、なんかちょっと私のキュミンだめじゃね?萌えなくね?
 って時だったのですが、萌えー!って言ってもらえて嬉しかったです~。
 こんなキュミンでも紹介してもらえますか?
 んもう、大歓迎ですよ★
 なんか最近キュミンに対して迷走してるのでwそう言ってもらえてうれしいよー!

 学校がんばってーいってらっしゃーい!
2012.10.03 10:45 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する