Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

おやすみの唄 (キュミン)




前に貼った動画はすぐに消されちゃいましたね・・・・。
かわりにキュミン動画をどうぞ♪

そして、短編ですw


おやすみの唄 (キュミン)




「キュヒョンさん、キュヒョンさん」

もう深夜を回った頃、布団に入って眠っていたはずのソンミニヒョンが改まった口調で声をかけてくる。
俺はゲームの手をちょっと休めて、ヒョンのベットに振り返る。

「ソンミンさん、なんですか?明るいですか?」

煌々と電気をつけてゲームをしていても、文句の一つも言わない出来たヒョン。
布団をかぶって眩しそうにしながら、違いますと答えてくれる。
じゃあ、なんだろ?

「キュヒョンさん。怖い夢を見るので、ちょっと手をつないでくれませんか」
「怖い夢ですか。それは困りましたね」

最近、ヒョンは疲れているのか良く怖い夢を見ると言っていた。
どんな夢かまでは言わないけれども、うなされていることもしばしばで。
ヒョンが布団から手をにゅっと突き出して、俺の手を握るのを待っている。
早く、と手をバタバタさせるので、そっと手を握りしめた。

「どうですか?」
「良いですね。眠れそうです」
「ヒョンが寝つくまで、手を握っていてあげますよ」
「それはありがとうございます」

と、言っても暇なので、空いてる手で傍にあった漫画を取ってヒョンが寝付くまで読むことにしよう。
ゲームはちょっと中断だ。

「キュヒョンさん、キュヒョンさん」

もう少しで本が読み終わりそうだという時に、またヒョンが話しかけてくる。

「なんですか、ソンミンさん」
「まだまだ怖い夢を見るので、唄を歌ってくれませんか」
「良いですよ。俺の唄であなたを夢魔から守ってあげますよ」
「それはありがたいですね」

手を握り、ヒョンが好きだと言っていた唄を歌ってあげる。
それでもヒョンは眩しいのか布団をかぶったまま出てこない。
けれども、俺はヒョンのために歌う。

ヒョンが怖い夢を見ると言うのなら、俺の歌で心を癒してあげよう。
俺の歌声でヒョンに悪い夢を見させる悪魔を撃退してみせよう。

しばらく唄をうたっていると、ヒョンが身動きしなくなった。
もう寝たかな?と思って、手を離そうとすると、

「キュヒョンさん、キュヒョンさん」

と、また話しかけてくる。

「なんですか、ソンミンさん」
「・・・」

今度はなかなか答えない。
つないだ手がなんとなく熱い。

「ソンミンさん、俺にまかせてください。」

そういうと、俺はヒョンの布団に体を滑り込ませた。
背を向けて寝ているヒョンのまくらと首の間に腕を入れ、ぐっと体を近寄せて抱きしめる。

「安心してください。ソンミンさんが眠るまで、こうして温めてあげますよ。」
「キュヒョンさん・・・」
「大丈夫ですよ。もしソンミンさんが怖い夢を見そうになったら、夢魔を俺がふーって吹き飛ばしてあげますよ」
「ありがとう。おかげで気持ち良く眠れそうです。」
「それは良かった。じゃあ、もっと気持ち良く眠れるおまじないをしてあげますよ」

ヒョンの体を俺の方へ向けて、見上げるヒョンへ口付けを落とす。

「もっと、おまじないしてください」
「良いですよ」

もっととせがむヒョンに深く深く口付けをすると、
当然キスだけじゃあ終わらなくなってくるのは仕方がない。
こんなに可愛くせがんでくる、ヒョンが悪い。

「今日は俺が抱きしめて寝てあげますね。
だから、悪い奴なんて寄ってこないです。
安心して眠ってください。」

行為の後でぐったりとしながらも、嬉しそうにヒョンは頷いた。
その幸せそうな顔に俺も嬉しくなる。


ソンミンさん、ソンミンさん。

良い夢見てくださいね。


+END+



***

絵本でwしきぶとんさん、かけぶとんさん、まくらさんというのがありまして、
昨日の夜読んでいたら、ハッとひらめきましたw
しきぶとんとかけぶとんとまくらが男の子を守ってくれるお話なんですが、
布団のかわりにぎゅったんに全部ミン君を守ってもらうようにしましたよw
さすがにミン君におねしょの心配はさせれないwwwwwので、夢にしましたが。
機会があったらぜひ、読んでみてくださ~い♪



にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

蒼海 says... "ふーって。"
こんにちは、またまたお邪魔いたしました。

丁寧語のやりとりが、記憶の片隅にある何かを
呼び起こす感じがしたんです。
なるほど、絵本なんですね。懐かしいわけですね。

"ふーって吹き飛ばしてあげますよ"の
ふーってに、萌えましたv-238
2012.10.01 12:27 | URL | #ihMNMLjo [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ふーって。"
蒼海さん>>

 いらっしゃいませ~!
 キュミンでございました♡
 
 絵本って語呂というか、文章にリズムがありますよね。
 キュヒョンさんっていうところが、しきぶとんさんなわけだったんですがw
 絵本のおかげでキュミンが書けてwww良かったです。
 でもまだまだなんかこれだ!!!っていうキュミンが書けずに悶々です。
 
 コメントありがとうございます~~!!!

2012.10.01 12:38 | URL | #- [edit]
志乃 says... "こらこら(笑)"
純粋な絵本で妄想すな!wwwwww
えらいウケてしまったじゃないですか!

それにしても、丁寧語プレイ、なかなか萌えますね。
でもまぁ、結局のところ・・・
ミンくんが誘った、ワケですねw
守ってあげているようで、実はミンくんの手のひらの上。
ふふふふふ。おもしろい♡
2012.10.01 14:09 | URL | #YM16R1CM [edit]
kakawo says... "こんばんは"
いや~…丁寧語キュミンいいですねぇ(´∀`)
最近ギュが哀れwだったので、幸せそうな2人が嬉しくてニヤニヤ止まりません(^^)

しかしソンミンさんそんな可愛く誘っちゃって…(*´Д`*)
ギュが萌え死んじゃわないか心配です(笑)
2012.10.01 19:49 | URL | #- [edit]
はしし says... "ボン!"
ボン!と頭から煙が出そうな位、萌えました~!ああ~キュミンの二人が可愛いすぎです(*^o^*)

ああ丁寧語もいいですね~!
2012.10.01 20:40 | URL | #YmpeaqZA [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: こらこら(笑)"
志乃さん>>

 わははwどんなものでもネタにするwこの腐女子っぷりw
 こんなところでひらめくとは思っておりませんでした~。
 でも、かわゆく書けて良かったです。
 ミン君のてのひらで踊らされてるぎゅったん♪
 そんな感じなのも似合いますよね、でゅふ。

 
2012.10.01 23:02 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: こんばんは"
kakawoさん>>

 絵本でしきぶとんさんと呼んでいたので、それにならってみましたwww
 思いの外好評!?で良かったです。
 ホント、ぎゅったん哀れなのが続いてますよね~~。 
 ヘミンが終わるまでは哀れ続きです。
 
 きっとぎゅったん、誘われて内心デュフデュフしてたと思いますよ。
 でもクールに振舞うというwwww

 コメントありがとうございますー!
2012.10.01 23:04 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ボン!"
はししさん>>

 萌えてくれましたか!!!
 良かった~~♪
 やっぱキュミンええですね。
 絶賛ヘミン脳なワタシですがwたまにキュミンも書かないと永遠にヘミン脳になってしまいそうです。
 どちらも好きなんですけどもね~♪
 カンミンもね。デュフデュフ。
2012.10.01 23:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する