Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

ヒョンはつらいよ HaeminEnd *16





本当にキュミンペンさんは見ない方がエエかもしれないです・・・・・・。
このお話が終わったら、ほったらかしのMIROTICか、パロもんでキュミンを
書こうかなって思ってます。
キュミン前提じゃない苦しくないwwwwwヘミンも書きますよー。
でも、今は、ホントごめんね。苦しい展開で。
あと残りわずかです。

ぎゅったん、ゴメンネーーーーーーーーーーッ!

ヒョンはつらいよ HaeminEnd *16



「ドンヘ・・・・」

ソンミンは、自分を抱き締めるドンヘの腕がわずかに震えているのを知った。
揺るぎないソンミンへの思いと精一杯の強がりを口にして。
そんな彼に、やはりまだ自分はどう応えて良いのかわからない。
ドンヘの思いを受け止めるには、まだキュヒョンの存在が大きすぎる。

それでも、良い。

ドンヘは言う。
その言葉に甘えるわけにはいかない。

「やっぱり・・」
「ね。ヒョン。もうキュヒョンとの恋人ごっこは止めにしなよ」

ドンヘが言葉を遮った。
まっすぐにソンミンを見下ろし、断罪するかのように射すくめる。

「ドンヘ・・・何言って・・・」
「もう、キュヒョンは入りたてのマンネじゃないし、子供でもない。いつまでもヒョンが守ってやる必要なんて
ないんだよ」

ドンヘに組み敷かれ身動きが取れず、ソンミンは顔をそむけることしか出来なかった。
そんなソンミンから視線を外すことなくドンヘは言葉を続けた。

「ヒョンだって気付いてるんだろ?自分のキュヒョンへの思いがなんなのか。どうしてキュヒョンに固執してるのか、わかってんだろ?」
「ドンヘ・・・」
「ヒョン。もう・・・わかってるんだろ?」
「ドン・・・・」

ソンミンの閉じた瞳から次々と涙が溢れ、レザーのソファーにわずかな音とともに流れ落ちて行く。
歯を食いしばり嗚咽を堪えるソンミンの頬にドンヘは優しく口付けていく。

「ヒョン・・・。もう、キュヒョンに依存しなくても、これからは俺がいるから。俺がずっとそばにいるから・・・。」
「ドンヘ・・・ドンヘ・・・俺・・・」
「キュヒョンだって気付いてる。だからあれだけ嫉妬して振り向かせようってしてるだろ。
だけど、ヒョンは・・・」
「言うな!」

押さえつけていたドンヘの体を荒々しく押しのけて、体を起こし流れる涙をそのままにドンヘを睨みつけた。

「言うな、ドンヘ」

もう一度言うと、ソンミンは床に散らばっていた自分の服を拾い上げ、ドンヘに背を向けてズボンをはいた。
そして、シャツを着ようとした時に、ドンヘが肩を掴み振り向かせた。

「何度でも・・・言ってやる!ヒョン、何度でも何度でも!」
「ドンヘ!!」
「ヒョンはキュヒョンのこと、愛してなんかいないって!!」

カッと、ソンミンの頬が朱に染まり、ドンヘに手が伸びた。
その手を殴られる直前で掴み、ソンミンを思いきり抱きしめた。

「離せ!ドンヘ、離せ!」
「ヒョンはキュヒョンのこと、愛してる振りをしてる。キュヒョンのこと・・・マンネとしか見てないのに、
好きだっていう振りをしてる」
「違う・・・俺は、本当にキュヒョンが・・・」
「ヒョン・・・」

小さく頭を振り否定をするが、その瞳は涙で濡れ戸惑いの色が浮かんでいた。
ドンヘは言葉を続けようとするソンミンの口を塞いだ。

「俺がいる。これからは、俺が・・・いるから・・・」
「キュヒョン・・・キュヒョンは・・・俺じゃないと・・・俺が居なくなったら・・・」

キュヒョンの名を呼ぶソンミンに何度も何度も口付けを落とす。
頭を押さえつけ、乱暴に髪に手を絡ませた。
自分以外の名を呼ぶ声さえも、ドンヘを煽りたてる。
唇を離すと、息を荒らげるソンミンにドンヘは言い放った。


「ヒョン・・・もう・・・キュヒョンのヒョンだけで良いんだよ。恋人の役まで演じなくても・・・良いんだよ」
「ドンヘ・・・俺・・・」
「キュヒョンだって・・・わかってる。ヒョンはヒョンでしかないって。」
「は・・・はは・・・」

顔をくしゃくしゃにさせてソンミンは泣き笑った。
ずっと隠してきたこの思いをドンヘに暴かれ、笑いたいのか泣きたいのかわからなくなっていた。

「好きだったんだ・・・キュヒョンのこと、好きだったんだ・・・」
「ヒョン・・・」
「でも、俺・・・キュヒョンの・・・キュヒョンの良いヒョンで居なきゃって思うようになって・・・。
ずっとあいつを助けて導いてやらなきゃって・・・。」

とめどなく溢れる涙をドンヘはそっと拭う。
綺麗だと。
睫毛を涙で濡らし、目を伏せるソンミンの泣き顔がとても綺麗で。

「俺・・・キュヒョンのヒョンだから・・・」
「わかってるよ。だから、もうヒョンの役目だけで良いんだよ」
「でも、俺・・・怖い。俺・・・キュヒョンが居なくなったら・・・」
「怖くない。俺が傍にいるから、怖くないよ」
「ドンヘ・・・」
「もう肩の荷降ろしなよ。ヒョンがヒョンとして見てる限り、あいつには何も伝わらないってわかっただろ?」

諭すようにソンミンに語りかけ、その都度唇に小さくキスを落としていく。
少しでも、ソンミンの心が放たれるように。
いつの間にか背負いこんでしまった呪縛から逃れられるように、そっと、一つずつ。

「早く・・・わからせてやれたら良かったんだけどな」
「ドンヘ・・・」
「ヒョンはずっとキュヒョンのヒョンだ・・・。もうそれだけだ。
 違う存在意義をもう見出さなくても良いんだよ。
俺が、ずっとそばにいるから。」

何度も、何度もドンヘは言う。
傍に居るからと。
嘘偽りのない眼差しで見つめながら。

すがっても良いのだろうか。
その言葉を信じて、甘えても・・・良いのだろうか。

「迷ってる?俺の言葉、信じ・・・られない?」

心の迷いすらドンヘに見透かされる自分に否と言える気力もなく、
ソンミンは弱弱しく首を横に振った。

「ドンヘ・・・俺、まだ少し時間がかかるかもしれないけど・・・。すぐにはお前だけ見つめること
出来ないかもしれないけど・・・それでも・・・それでも・・・」
「良いよ。時間なんてかからない。俺がヒョンを振り向かせるのに時間なんていらないよ。
だって、もうヒョンは俺の事だけ考えはじめてるでしょ?」
「・・・バカ」

恥じらうソンミンにキスをし、そしてドンヘは言った。

「ソンミナ、サランヘヨ」


にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ふくほしママ says... "こんばんはです。"
想像を超える展開に、またもや絶叫してます(゚Д゚)
ドンちゃんに流されちゃうのかハラハラしてたので、ちょっとホッとしました~
益々ラストまで楽しみです(≧∇≦*)


短編もわくわくです♪厚かましいのですが…カンミンもまた期待してもいいですか?(^-^;
2012.10.03 19:42 | URL | #- [edit]
はしし says... "サランヘヨ"
ああああ~ソンミナサランヘヨに参りました。ドンちゃんはどれだけの間ミン君を見てたのか、見守ってきたのか。ドンちゃんの自信と優しさに溺れてしまいそうです。
2012.10.03 19:55 | URL | #YmpeaqZA [edit]
kakawo says... "こんばんは"
ソンミンさんツラかったでしょうね…
それに気づいてたギュも、それを見守るしかできなかったドンヘも、切ない(;_;)
あーみんな幸せになってほしいです~!

そんな私はドンヘが男前すぎてツライです(笑)
2012.10.03 20:24 | URL | #- [edit]
志乃 says... "こんばんは~!"
みんながツライねぇ~(T_T)
で、キュヒョンを泣かせてるまぴさんもツライのねww
ヘミンですから、ここはガツンとドンヘに頑張ってもらって、ミンくんを幸せにしてくれ~い!

あの・・・ひとつ、ごめんなさい・・・
素敵展開なのに
ヒョン・・・
キュヒョンの・・・キュヒョンの良いヒョン・・・
キュヒョンのヒョン
ヒョンがヒョン・・・
早口言葉みたいで、声に出して読んじゃった・・・。
ほんっとすみません!w
2012.10.03 23:37 | URL | #YM16R1CM [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: こんばんはです。"
ふくほしママさん>>

 絶叫しちゃいましたか!
 ぐふふ。若干ミン君流されちゃってる感もありましたが、ホッとしてもらえて嬉しいです♪

 カンミン!ですか!
 やー嬉しいです~~!!!
 カンミン、大好きなんですよね。なのでまた書きますね!
2012.10.04 11:15 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: サランヘヨ"
はししさん>>

 参ってもらえましたかw嬉しいな~。
 ようやく!ですね。ドンちゃん。
 キュミンルートではぎゅに譲りましたが、今回はね・・・。うふ。
 
2012.10.04 11:16 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: こんばんは"
kakawoさん>>

 見守る男ドンヘw
 ようやく日の目を見そうです。
 最後には皆幸せに・・・・なるかな!?なって欲しいですね。
 ドンちゃん、男前に見えましたか?
 そうだったら嬉しいです~~~~!!!

2012.10.04 11:17 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: こんばんは~!"
志乃さん>>


 ぎゅったん泣かせるの私だって辛いですよ~!
 でもね。ドンヘが・・・・w

 キュヒョンのヒョン、ヒョンヒョンヒョン!
 超笑える~!
 早口言葉で採用してくれないかなぁ、エルプw
 
2012.10.04 11:25 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する