Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOON CHILD *2 (完)





MOON CHILD *2 (完)




ゆっくり合鍵をカギ穴に入れて、12階の扉を開ける。
当然誰も帰ってきてなくて、11階と同じように部屋は真っ暗。
僕は11階同様暗闇の中部屋の灯りを付ける。
それからまっすぐに、ドンヘとトゥギヒョンが使っている部屋の扉を開けた。
あまり片付けの上手じゃない二人が使っている部屋は、男子の部屋っていう感じで
いろんなものが床に散乱していたり、服が脱いだままの状態でベットの上に放置されたりしている。
こういうの見るとちょっと片付けたくなるのが僕の性分で。
とりあえず、床に散らばってるものはわかる範囲で片付けて、服は畳むか洗濯かごに入れてやる。
ほんの少しモノを拾っただけなのに、すっきりした部屋になった。
忙しい二人だから、ちょっとのこともなかなか出来ないのかもしれない。
なんて思いながら、僕はドンヘのベットの上にプレゼントを置いた。

わかって・・・くれるよね?

多分、ドンヘはたくさんのプレゼントを抱えて帰ってくる。
その中の一つに入れてもらえれば、もうそれで十分。
おめでとうは、パーティ会場で言ったし、ドンヘの幸せそうな顔が見れた。
もうそれで十分だ。

でも、もう一度だけ。
今日という日があと残りわずかだから。
もう少ししたら言えなくなるから。
もう一度だけ・・・言わせて?


「おめでとう、ドンヘ。」

僕は、ドンヘのベットの上にちょこんと乗っかっているプレゼントに向かって言った。
すると・・・

「ありがとう。ソンミニヒョン」

と、プレゼントから返事が返ってきてびっくりした。
ドンヘの声がプレゼントから聞こえて来て、首を傾げていると急に後ろから抱きすくめられた。
振り返ろうにも振り返られないほど強い力で、抱きしめられる。

「ドンヘ・・・?」

まさか、主役のドンヘがこんな時間に戻ってくるなんて思わなかったけれども、この匂いはいつもドンヘが好んでつけている
香水の匂いで・・・。
耳元で聞こえる息使いや抱きしめる強さにドンヘだと確信させられた。

きっと・・・驚いてみっともない顔してる。
それに、こんなに近くにいたら、眩しすぎてドンヘが見えないよ・・・。

だから、振り向かないままでドンヘに聞いた。


「どうしたの・・・?もうパーティ終わったの?そんなはずないよね・・・?」

多分、今日は明け方までどんちゃん騒ぎなんじゃないかと思っていたのに、なんでこんな時間に
ドンヘが帰って来たのかわからない。
ドンヘは答える前にため息をひとつ、ついた。

「忘れもの・・・取りに来た」
「忘れ・・・もの?」
「そ。ソンミニヒョンのプレゼント」
「え?」
「ずっと待ってるのに、くれないんだもん。今日が終わっちゃうでしょ?」
「だけど、明日でも・・・」
「今日が。俺の誕生日だよ、ソンミニヒョン」

あと、残り10分ぐらいしかない。
ドンヘが生まれた日はあと少しで終わっちゃう。

「おめでとう、ドンヘ」
「ありがとう、ヒョン」
「あと残り10分だけど・・・」
「うん。」

ドンヘにプレゼントをあげようと、抱きしめている腕をほどこうとしたけど、ドンヘは全然離してくれない。
僕、どうしたら良いんだろう?
このままだと、誕生日終わっちゃう。

「ね、ドンヘ。離してくれないとプレゼントあげれないよ。ほら、この前欲しいって言ってた・・・」
「本当は」

と、僕の言葉をドンヘが遮った。
そして、僕の体はくるりと正面に向かせてられて、ドンヘの真剣な顔と向き合った。

やけに、真剣に、熱っぽく見るドンヘに心臓がドキドキする。
こんなに・・・近かったら、心臓の音が聞こえちゃうんじゃないかってぐらい大きな音。

「ド・・・ドンヘ・・・」
「本当は、違うのが欲しかった」
「え?」
「本当は・・・ヒョンが・・・」
「・・・」

ドンヘ・・・何言おうとしてるの。
ドンヘ・・・俺・・・。

顔を背けたかった。
ドンヘがあまりにも眩しくて。
だけど、目が背けられないぐらいかっこよくて凛々しくて勇ましくて、俺の瞳がドンヘから離れられなくなっている。

「あと、少しで誕生日も終わるから、一つだけ、わがまま言って良い?」
「何・・・わがままって・・・・聞けることなら・・・良いよ」

残り、5分。

ドンヘは人差し指を僕の唇にそっと押しあてた。

「頂戴?」
「え?」
「キス・・・頂戴?」
「ドンヘ・・・」
「今日だけで良いから。今日だけ・・・今だけ、俺に頂戴」

残り、3分。

潤むドンヘの瞳が近付いて来た。
僕は顔をそむけず、ドンヘを待った。
柔らかいドンヘの唇が僕の唇に重なった。
甘い甘い果物の匂いがするキスだった。
触れるか触れないかですぐにドンヘは離れてしまった。

「ごめん」

そして、そう短く謝る。
そんなドンヘに僕は笑った。


「ドンヘ。残り・・・まだあるよ。しないの?」

残り・・・2分。

ドンヘが驚いた顔をして僕を見る。
部屋の時計はまだ12時を指していない。
ドンヘの誕生日はまだ・・・終わっていない。

先に望んだのはドンヘ。
それに応えたのは僕。

ドンヘは強く抱きしめながら、今度は長く長く口付けた。
薄く唇を開くとドンヘの舌が入り込んできて、僕の舌を絡め取る。
熱くて・・・だけど優しくて。

残り1分。


僕らは気が遠くなるぐらいの長い口づけをした。
ドンヘがようやく離してくれたのは、もう少しで12時になるところでだった。
ドンヘも僕も息も絶え絶えになっていて。
離れがたい気持ちを押さえて僕はドンヘにもう一度言った。

多分、残り5秒・・・もあったかな?

「ドンヘ。誕生日おめでとう」

今日という日が終わる瞬間に祝えたのは僕一人。
それがとっても嬉しい。
相変わらずドンヘはきらきら輝いていて、すっといなくなっちゃうほうき星のように僕の前に立っていた。

ねぇ、ドンヘ。
どうしたら、ドンヘみたいになれるかな?
こんな僕でも・・・隣にいれるかな。


そういえばと、ベットの上に乗っかっている僕の本来のプレゼントをあげるとドンヘは喜んでくれた。
ドンヘが欲しいと言った、月球儀。

「なんで・・・月球儀なの?」

と聞くとドンヘは恥ずかしそうに答えた。

「ヒョン・・・前に俺の事、ほうき星みたいだって言ったでしょ?」
「うん・・・」
「俺がほうき星なら、ヒョンは月かなって」
「僕が?」
「うん。ほうき星は一瞬でなくなっちゃうけど、月はずっと夜空を明るく照らしているでしょ?
俺にとって・・・ヒョンはそういう・・・人だから・・・」
「ドンヘ・・・」
「もう、誕生日・・・終わっちゃったけど・・・もう一度・・・キスして・・・良いかな」

僕は、返事の代わりにドンヘにキスをした。


「来年も一緒に祝えたら・・・良いな」
「祝えるさ。来年も、再来年も・・・ずっと」


そうだね、ドンヘ。
来年も、再来年もずっと一緒に祝おう。


誕生日、おめでとうって。


+END+





***


本当は・・・誕生日に終わらせたかったー!
でも無理だったー。

わたしにしてはちょっとラブっぽいヘミンだったかな?と。

お粗末さまでしたー。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

志乃 says... "うんうん"
らぶっぽいよー!
朝からニヤけてしまいました。

この二人がイチャイチャしていたら、美しすぎて回りがキラキラ☆(後光?w)してそう。
あぁ、覗き見した気分♪
部屋のドアのかげからね。
2012.10.19 07:22 | URL | #YM16R1CM [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: うんうん"
志乃さん>>

 どもども!
 やったー!らぶらぶっぽかった!?良かったわ~~♪
 
 本当に麗しすぎて後光が差してそうだよねw
 ビジュアル的には茶髪のミン君なんだけども♡
 でゅふw
2012.10.19 09:25 | URL | #- [edit]
はしし says... "きゃ~(*^o^*)"
もう、このヘミン素敵過ぎて、朝からにやけっぱなしです!(*^o^*)ドンちゃんにまだ時間があるよと言っちゃうミン君。た~ま~ら~な~い~!ごちそうさまでした~!
2012.10.19 09:28 | URL | #YmpeaqZA [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: きゃ~(*^o^*)"
はししさん>>

 素敵でしたかー!良かったです~~~~!!!
 キュミン前提じゃないと、こう書けるんだとw自分に自信がつきましたw

 こちらこそ読んでいただいてありがとうございました~~~♡

2012.10.19 10:22 | URL | #- [edit]
mapimama says... ""
(@ ̄ρ ̄@)もはっ…

なんかキスがやけにリアルで、…まるで自分がちゅーしてるみたいな気分に…(^_^;)ムズムズしました\(^o^)/

素敵な誕生日、よかったね!ドンへ(^з^)-☆
2012.10.19 11:26 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
mapimamaさん>>

 もはっ・・・・・。

 ちゅーしてる気分になれましたか?
 いやーん!
 私もドンヘとちゅーしたーい。
 ミン君とちゅーしてるドンヘ見たーいw

 遅れてしまいましたが、誕生日おめでとうです♪

2012.10.21 21:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。