Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君が好き (ヘミン) *2

spring.jpg

君が好き (ヘミン) *2



本日は晴天なり。

俺は久しぶりに眩しい青空を見た。
最近天気がすぐれなかったし、任務のせいで明け方寝て昼過ぎに起きるという生活を送っていたから
こんな午前中の澄んだ空なんてホント久しぶり。
昨日の天気とはうって変わった青空に俺の心が弾んでいる。

俺の天使。
俺のヴィーナス。

ああ、早くあの人に会いたい。

外に出て、一つ深呼吸してから俺は駆けだす。
あの人が勤めていると教えてくれたカフェまでそんなに遠くない。
俺の脚なら余裕で歩いて行ける。
耳にイヤホンをつけて気に入りの曲を流す。
あの人に会うまで俺の好きな曲で心も体も満たして行くんだ。

若干小走りになりながら、カフェに辿りつく。
いつも素通りしてたこのカフェに・・・いつから居たんだろう。
全然気がつかなかった。
そんなに人気な店でもないような・・・気がするな。
だって、人気で洒落てた店なら俺は絶対チェックしてたし、デートにも使ってたもんね。
雑誌やネットに載るようなお洒落スポットは常にチェックしてるし、口コミで評判の場所も一応心得ている。
そうじゃなきゃ女の子に飽きられちゃうからね。
そんな俺のチェックリストに外れていたこのカフェに彼が居た。
まぁ、ホントに昨日は出会うべくして出会ったんだろうなって俺は逆に嬉しくなった。
だって彼女連れてるときには出会いたくないじゃない?
そんなもんだろ?

店の前に立ったけど、なかなか俺はドアノブに手をかけれなかった。

ここまで来てなんだけど、入口のドアに映る自分の姿を見て、本当にこの格好で良かったか、この髪型で良かったか・・・
また考えちゃって。
そして、開けたらどんな顔をしようか、俺の事覚えていないんじゃないかとか、考えても仕方ないことばかりが頭に
浮かぶ。
扉の向こうにはきっとあの人がいる。
きっと、笑顔で迎えてくれる。
あれ、昨日の人だよねって。
なのに、怖くて俺は入り口から動けなくなってる。

バカ野郎、イ・ドンヘ!
お前男だろ!
根性見せろ!

気合いを入れるつもりで、俺は思いきり自分の両頬を叩いた。

「うぉっし!行くぜ!」

丁度曲も終わった。
いざ、出陣だ!

「いらっしゃいませ~~」

バクバクと心臓が壊れんじゃね?と思うぐらい音がなっていた。
そんな俺を出迎えてくれたのは、残念ながらあの人ではなかった。
ちょっとかわいい感じのこれも男・・・なのか?
なんだこのカフェ。
かわいこちゃんカフェなのか?
そんなに広くない店内で、まだ開店したばかりなのか客もまばらだ。
カウンターから店員が出てきて、席を促してくれる。

「お一人ですかぁ~?」
「は・・・はい・・・」
「おタバコはすいますか~?」
「い・・・いえ・・・」
「あの~全面禁煙なので~、お好きな席にどうぞ~」

っておい。
禁煙だったらタバコ吸うか聞くなよ。
ここは吸えないって言えよ。

と、思わずつっこみたくなる。
が、店員はにこにこと笑って平然と応えている。
天然・・・・か?

俺はカウンターからちょっと離れた席に座った。
あまり丸見えなのも恥ずかしいし、かといってあまり見えないのも来た意味がない。
てか、今日はまだ出勤してないのか、カウンターに彼の姿がない。

「何にしますかー」
「あの・・・・コ・・・コーヒー・・・・」
「わかりました~」
「あ・・・あの・・・」
「はい~?」
「あ・・・の・・・・・」

注文を終えて戻ろうとする店員を呼びとめてしまった。

居ますか?彼は・・・居ますか?

なんて俺、マジ何やってんだよ。
恋愛初心者にもほどがあんだろ。
みっともない・・・そう思ったけど、恥を忍んで聞くしかない。
だって、会えずに帰ったらホント何しに来たかわからない。

「どうかしましたか~」
「あの・・・ここに・・・店員さんで・・・イ・・・・イ・ソンミンさんて・・・・」
「ソンミニヒョンですか~?」
「は・・・はい。ソンミニヒョンさんです・・・」

って俺はアホか!
なんでヒョンにさんづけしてんだよ。
それに、こいつナチュラルにヒョンって言ってる。羨ましいぜ。
って当たり前だよな。だって同僚だしな・・・。

「ヒョンはもう少ししたら来ますよ」
「そ・・・そうですか。」
「はい~。その前に少しコーヒーでも飲んで待っててください~」

と、店員に笑顔で言われて俺もつられて笑顔になった。
なんの疑いもなく、ソンミンさんのことを教えてくれた。
もしかして、彼目当ての客って・・・結構いるのかな。
そうだよな。
あんなにマブいんだもん。女の子だって、たくさん目当てで来てるだろうな・・・。
そう思うと、余計に早く会いたくてうずうずした。
だって、通いつめてる他の連中よりも俺は初対面に近い。
昨日のあの出会いだって、短い時間だった。
他の奴らより、会ってる時間が短い。
そんな見知らぬ相手に嫉妬してしまう俺・・・。
あーホント・・・。

唸っていると、店員がまた笑顔でコーヒーを運んできてくれた。

「どうぞー。今日はオリジナルブレンドでーす」
「あ・・・ど・・・ども・・・」
「ソンミニヒョンが来たら教えますね~」

ってさらっと言って戻っていった。
そ・・・そんなこと言われたら、完全に会いに来ましたって人みたいじゃん!
って実際そうなんだけどさ。
改めて他人に言われると、もーーれつにハズイ。
やっぱり来るべきじゃなかったかな。
昨日道でばったり会っただけなのに、来ちゃ・・・まずかったかな。
後悔という波が激しく打ち寄せて来て、俺はコーヒーも飲まないでウダウダとしてた。
その様子をさっきの店員が眉をひそめて怪訝そうな顔で見ていた。
クッ・・・こんなとこまで見ないで・・・ください。

気を取り直してコーヒーを一口飲んだ。
苦い。
まるで俺の存在みたいに苦い。
砂糖をいれようか。
そう思った時だった。

「いらっしゃい」

声が降ってきた。
ああ、ヴィーナス降臨。
会いたかった。
やっぱり、会いに来て・・・・良かった。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

柚楓 says... "うぷぷ・・"
今日、お休みでさっそく来ちゃいました♪
もう!もう!顔がニマニマしちゃってます^。^*
ドンヘったら可愛過ぎっ!!
あ~!もう身悶えちゃうww
まぴこさん!大好きっ!!
2013.02.13 11:19 | URL | #- [edit]
はしし says... "きゅ~ん!"
きゅ~ん!ずきゅ~ん!(*^o^*)恋するドンちゃん…甘酸っぱくてニヤニヤしちゃいます。殺し屋なの?本当にそんなお仕事してるの?と疑っちゃう位きゅんきゅん恋の匂い。あ~女神降臨!ミン君の反応やいかに?楽しみです。
2013.02.13 11:20 | URL | #U0r/0y9. [edit]
ちゃみ says... "ワクワクします!"
ドンちゃんが子供みたいで可愛いです☆初恋ってドキドキワクワクで心が落ち着かないものです(笑)女神とどんな会話が始まるのかな??ドンちゃんと女神の恋愛が楽しみで仕方ないです(●´ω`●)
2013.02.13 12:53 | URL | #- [edit]
oh! says... "いい感じです"
昼休みに、読んでいます。にやけてしまって、本当にはずかしかった・・。
更新楽しみにしています。
2013.02.13 12:56 | URL | #JzzccP6I [edit]
ぶりん says... "わ~い♪"
連日のアップ、ありがと~う(*≧∀≦*)
ノッてるね♪

ドンちゃんが、すっかり恋に落ちたお兄ちゃん。
かわいいなぁ。
そして、まっぴのかっこいいミンくんが…
どうするのかしらーん!!いやーん!!

ね、まっぴ!!
かわいこちゃんカフェ、今度一緒に行こう!!
場所知ってるんでしょ!?
2013.02.13 13:53 | URL | #YM16R1CM [edit]
kopiyon says... "ヒョンさん・・って。"
mapikoさま、こんばんは。
連日のアップ、ありがとうございます!

もう、ドンちゃんがかわいいかわいい。
しっかりー!
がんばるのよー!!!

次回で、男前なミンくんに翻弄されるのですね?
お待ち申し上げています!
2013.02.13 20:31 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: うぷぷ・・"
柚楓さん>>
 
 ニマニマしてもらえましたか!
 やっぱドンちゃん、こういうキャラが良いですよね~♪
 身悶えバンザイ!
 私も大好きです♡
2013.02.15 09:36 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: きゅ~ん!"
はししさん>>
 
 こんにちは!
 ずぎゅーんと来てもらえましたっか。
 殺し屋というかスパイというか何でも屋というかwww
 ドンちゃん、結構惚れたら一途っぽいので、がんばってもらいます♡
 女神さまは最後微笑むでしょうかねぇ・・・。うふ。
2013.02.15 09:37 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ワクワクします!"
ちゃみさん>>

 ドンちゃん、初めて恋を知る・・・・みたいな感じですかねぇ。
 女神をどう落とすのか・・・。結構難しいと思います。うん。がんばれ、ドンヘー!

2013.02.15 09:45 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: いい感じです"
Oh!さん>>

 にやけてもらいましたか?
 ニヨニヨしてもらえて嬉しいです~。
 更新はこの先予定投稿してるので、夜12時5分に上がります~。
 最後までお楽しみくださいね~♪
2013.02.15 09:46 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: わ~い♪"
ぶりさん>>

 わーい!ヘミンでもこんなに喜んでもらえてうれしいわ―。
 良いでしょ、ヘミン←
 
 かわいこちゃんカフェ行きたいね~。
 場所はどこでしたかのぅ、最近物忘れが激しくてのぅ・・・。ゲホゲホw
2013.02.15 10:01 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ヒョンさん・・って。"
kopiyonさん>>

 こんにちは!
 こちらこそ連日読みにきていただいて嬉しいです~!
 ドンちゃんがんばれー!って応援してもらえて嬉しいです♡
 難攻不落なミン君・・・・あまり不落すぎてもかくのが辛いのでwほどほどに・・・。
 でもドンヘ、相当がんばらないとwwww

 男前すぎてやばいですかね。。
 きゃわいいミン君もそろそろかきたいなぁ。

 いつもコメントありがとうございます!
2013.02.15 10:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。