Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I Need You (キュミン) *5 (完)







I Need You (キュミン) *5 (完)




携帯のアラームが鳴る。
僕はハッと目を覚まして起きあがった。

「キュヒョン・・・・今日は・・・・」

別部屋になっても、僕はいつもキュヒョンの心配ばかりしている。
眠る前に彼と僕のスケジュールをチェックして、僕が早く起きなければならないときは、彼が起きないように
そっと部屋から出て行ったし、彼が早く起きなければならないときは、僕は眠ったふりをして彼を送りだした。
僕を気遣って支度が遅れないように、そしてキュヒョンのせいで起きたと思わせないように、
僕は寝た振りをしていた。
眠る前に、今日は早く寝た方が良いよ?とスケジュールをチェックして声をかけ続けた。
もう子供じゃないキュヒョンにそう言い続けたのは、せめてものヒョンらしさを彼に見せたかったのかもしれない。

もう相部屋じゃなくなった。
キュヒョンを気遣ったり、スケジュールを気にすることもない。
けれども相部屋じゃなくなったから、こうして抱き合った後、キュヒョンは他のメンバーに夜を共に過ごしたことを
気取られないように明け方にそっと出て行ってしまう。
もう僕が起こさなくても、眠る心配をしなくても、もう一人で出来るキュヒョンを少し恨めしく思った。
いつまでも、僕だけのキュヒョンで居て欲しかった。
僕だけが彼を心配していたかった。
それは、僕の我儘だって、知っているけれど。

当然キュヒョンは隣に居なかった。
今日から中国に行かなければいけないから、スケジュールはこれからギチギチで。
少し早めに携帯のアラームをセットしていたのに、もうキュヒョンは居なくなっていた。
行為の後にすぐに出て行ったのか、それとも明け方出て行ったのか僕にはわからない。
ただ、彼は僕に愛し合ったという痕跡を体に残して部屋に戻っていってしまった。
彼の体液と僕の汗とで体はべたべただ。
そのまま眠ってしまって気付かなかった。
僕は、ゆっくり立ちあがってバスルームに急いだ。
彼との情事の跡を消して、僕に戻らなくちゃ。


**


シャワーを浴びて部屋に戻れば、いつもの僕だ。
服を着替えて、リビングに行くとヒョクとキュヒョンも丁度支度を終えて出てきたところだった。

「おはよう」
「おはようございます」

いつもと同じ朝。いつもと同じ挨拶。
さっきまでの行為は夢だったんじゃないかと思えるほど、キュヒョンは平静で、そして僕も何もなかったかのように
振舞う。
ヒョクと3人で朝ご飯を食べて、これからのスケジュールのことや他愛もない話しをしていると、
あっという間に空港へ行く時間になった。
これからしばらく宿舎には戻ってこれない。
しばらく、キュヒョンと二人の時間を過ごせない。
それがちょっと寂しいけれど、一緒に中国に行けることを喜ばなきゃ。

中国へ行くメンバーと空港まで一緒の車に乗り込む。
いつも席が決まってるわけじゃないけど、なんとなく僕の隣にはキュヒョンが座る。
かといって、特に会話をするわけじゃない。
僕は夜の事を思い出してしまいそうで、キュヒョンが座る前に音楽を聞いて目をつぶって
寝た振りをした。
キュヒョンの長い指を見てしまうとまた体が疼いてしまうから。

「ヒョン?疲れてるんですか?」

イヤホン越に聞こえるキュヒョンの声に僕は静かに首を横に振った。
キュヒョンは話したくないという僕の態度に気付いたのか、それから話しかけてくることはなかった。

車が空港へと向かう。
道中僕は窓に体を預けて音楽を聞いていた。
多分キュヒョンは他のメンバーと話していたんだと思う。
空港への道のりは遠くもなく近くもなく。
音楽を聞いて行くには丁度良い距離だ。
車の振動でうとうととしているとキュヒョンが肩を叩いた。

「ヒョン」
「ん・・・・?」
「ファンが・・・」

信号で車が止まった沿道にファンが横断幕を持って駆け付けてくれていた。
たくさんのELFたちが僕らの中国行きを見送ってくれる。
僕は手を振った。
キュヒョンも僕の背後から顔を出してファンに手を振る。

「嬉しいね。僕らを応援してくれてる」
「そうですね」

と、キュヒョンも嬉しそうに笑った。
そして、そっとメンバーに聞こえないように僕の耳元で囁いた。

「でも、一番ヒョンを応援して愛してるのは俺ですからね。忘れないでくださいよ?」
「・・・わかってるよ。ありがとう、キュヒョン」
「いえ。どういたしまして」

誰にも見えないように、僕らは手を繋いだ。

ね。キュヒョン。
この手があるから、僕はがんばれる。
どんなことがあっても、この手ががんばれって応援してくれるから・・・がんばれる。
キュヒョンもそうだと良いな。
僕がいるから、がんばれる・・・そう思ってもらえていたら。

「愛してますよ」

窓の外を見る僕にキュヒョンがもう一度呟いた。

「僕もだよ」

こんな僕を愛してくれてありがとう。
愛してる。
君を愛してるよ、キュヒョン。


+END+




関連記事
スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.02.19 01:40 | | # [edit]
ぶりん says... "きゃー。"
なんか、幸せなはずなのにせつないなー。
別部屋になったことで、いろいろ変わった彼らの関係が、愛し合ってるのにまさに壁一枚挟んだようなもどかしさ…。
一人で眠るさみしさも、目覚めた時隣にいないさみしさも。
う~ん、リアルで胸キュン!!

まっぴー、お疲れ!! キュミン、すっごく良かった!!
頑張ってきて(*^^*)/
2013.02.19 08:19 | URL | #YM16R1CM [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.02.19 16:43 | | # [edit]
ふくほし says... "素敵なお話"
ありがとうございます。可愛い僕ミンで始まったのに…エロキュミンを挟み切ないミン君に…好きだけじゃ突っ走れないミン君もいいですね~ハッピーエンドなのに、なんか切なくて良かったです。
久しぶりのエロにやや、いやかなり動揺。なんだか心臓バクバクでした(笑)


無事に発表会終わりました~幼稚園の大流行は、インフルエンザではなくおたふく風邪…予防接種はしたけど、しばらくはドキドキです。やっぱり健康が一番。まぴこ様もお気をつけて~
2013.02.19 17:37 | URL | #- [edit]
じゃすみん says... "切ない・・・"
まぴこさん・・・切なかったです。。。
エロキュミンもいいけど^^
幸せな2人の朝はもうないのかな!?
1人目を覚ますミン君が切なくて・・・
でも、そっと気持ちを伝えるキュヒョンが暖かくて、いつまでも幸せであってほしいと思いましたe-415
2013.02.19 22:01 | URL | #2Isj5yEQ [edit]
みかん says... ""
こんばんは。

キュミン。読んでてすごくキュンキュンしました!!
キュミン部屋が解消されたと聞いて、すごく残念だったんですが、このお話を読んで、せつないけど、部屋が離れたことで、より一層互いの大切さに気づいたんだろうな~と納得できました。(私の心の中で、キュミン部屋解消を受け入れることができましたw)

いつも素敵なお話ありがとうございます☆
2013.02.22 23:44 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: キュミン最高です♪"
鍵コメP様>>

 良かった良かった♡
 一気に更新したかいがあります★

 いつも読んでくださってありがとうございます!
2013.02.25 10:56 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: きゃー。"
ぶりさん>>

 切ないよね~。
 もう別室止めて欲しいw
 どんなんなってんだろうね。絶対寂しいよ、二人♡
 まぁね。
 この適度な距離感がまたさー萌えを生むのだよ。
 会えない分すごいだろうなぁとかさ。
 こんなの知らなかった・・・!みたいなw
 
 キュミンで久しぶりに満足出来たの書けた気がします。
 ありがとう!
2013.02.25 10:58 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
鍵コメg様>>


 なんか最後は若干おセンチな終わりになってしまいましたね。
 でも朝別室なのに部屋から出てきたら他の人がビビるよなぁとw
 公認だとしてもちょっとはwwww
 なので、リアリティを求めてみました。
 もちろん、二人しかいないときは朝までいますよ、きっと。
 ぐふふふふふ。

 今回ぎゅったんサイド・・・は考えてません。
 gさんの書いてくださった妄想を読んで、そうだよそうだよ!そうなんだよ!!と思ってしまってw
 十分素敵な妄想ですよ~~!!!
 胸張ってください。
 
 ぎゅったんがミン君を求める話しはまた別な時に違う感じのお話で書きますね★
 
 いつもありがとうございます!
 
2013.02.25 11:03 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: 素敵なお話"
ふくほしさん>>
 
 いつも俺ミンなんですが、今回は僕ミンでかわゆくなるはず・・・・だったのに!
 おかしいなぁw
 久しぶりのエロでしたかね。
 まだまだエロは未熟なので・・・でもこうドキドキバクバクしてもらえて嬉しいです。

 発表会お疲れさまでした~!
 こちらは今胃腸炎が・・・・おそろしー!
 ふくほしさんも健康に気をつけてくださいね~。
 いつもコメントありがとうございます!
2013.02.25 11:09 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: 切ない・・・"
じゃすみんさん>>>

 おお・・・切なかったですか?
 エロキュミンだけども最後は切なさ満点になッちゃいましたね。
 次はラブラブを!!
 と、言いながら全然かけてませんね。たはー。

 ホントに、いつまでも幸せで居て欲しいです・・・♡
2013.02.25 11:12 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
みかんさん>>

 こんにちは!
 久しぶりにキュミン?を書いた気がします。
 なかなかぎゅがカッコよく書けなくて・・・・w悶々としてました。
 でもなんか、こう・・・これだ!ってのが書けたような気がします。
 キュンキュンしてもらえて嬉です~。

 こちらこそ、いつも読んでくださってありがとうございます★

2013.02.25 11:14 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。