Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOOD LUCK! *8 (完)





GOOD LUCK! *8 (完)





「ド・・・ドンヘさん・・・!」

買い物に行くように言い渡されて、お店のお財布とエコバックを片手に外に出ると、ちょっと離れた電柱から
お店をうかがってるドンヘさんが居ました。
相変わらず素敵な格好をしてます。
そして、ドンヘさんの姿を見つけて僕はすごくホッとした・・・というか、なんというか。
どういうわけか胸がちょっと熱くなりました。
話しかけても良いのかな・・・と思いましたが、多分ドンヘさんもきっかけを待ってると思うんです。
そう思うようにして、ドンヘさんの背後に回って肩を叩きました。

「ドンヘさん!」
「わっ!!!!」

マジで驚いています。
あなた・・・ホントにスパイ活動してる人なんですか?

「リョウク!びっくりすんだろ!なんでお前いっつも気配消して近寄ってくんだよ」

ってこっちが驚きですよ。
なんで僕の気配わからないんですか・・・!

「どうしたんですか~」
「リョウク、ソンミニヒョンは元気か」
「元気ですよ~」
「そっか」
「はい~」

そう答えると、ドンヘさんは嬉しそうな顔をしていました。
僕が踏み込んでも良いことなのかどうなのかわかりませんが、もうここはドンヘさんに頼るしかないのです。
多分。ドンヘさんもそう思ってるはずです。

「ドンヘさん、最近お店に・・・来てくれないんですね」
「ん~?ソンミニヒョンに・・・話し聞いてないの?」
「詳しくは・・・。」
「そっか。」
「はい~・・・。ドンヘさんが来ないと僕、なんか寂しくて・・・」
「マジで?」
「はい~」
「ソンミニヒョンもそう思ってくれてっかな」
「はい~・・・」
「マジで?」
「あの・・・多分・・・」
「だよね。あの人そういうのあんまり顔にも口にも出さないから、わかんないよね」
「・・・」

ドンヘさんはちょっとだけため息をついてから、心配するなという顔を僕に向けました。
いつもの、ドンヘさんのどこからくるのかわからない自信のある笑顔が、今は心強いです。

「ソンミニヒョンにさ、店に来るなっていうか、もう会うことないっていわれたんだ」
「そうなんですか~」
「でもさ。そんなのわけわかんないじゃん」
「そ・・・そうですか・・・」
「だからさ、なんで怒ってんのか知らないけど、その怒りが収まったぐらいに来ようかなって思ってて」
「そうだったんですか~」
「うん。あれから色々仕事も入って忙しかったから、来れなかったってのもあったんだけどさ」
「仕事・・・」

その仕事の指示を出していたのはソンミニヒョン。
それを知らないのはドンヘさんだけ。
来るなとドンヘさんを拒絶しながら、仕事の指示を送り続けているソンミニヒョンはどんな気持ちなんでしょう。
割り切るべきと言い聞かせていましたが、ソンミニヒョン・・・そういうこと出来ないの、一番自分がよく知ってるんじゃ・・・。

「な。今日、機嫌よさそう?」
「き・・・今日ですか」
「うん。俺がもう限界。会いたくてしゃーない」

と、破顔するドンヘさんを僕は無性に応援したくなりました。

「お前にさーこんなこと言うのなんだけどさ。」
「そ・・・そんなことないですよ」
「気持ち悪いだろ。男なのに、男が好きだなんて」
「べ・・別に・・・」
「でもさー。もう俺どうしちゃったの?ってぐらい、毎日ヒョンのこと考えててさ。
 俺とは付き合えないっていうか、一緒にいれないって言われたけど、そんなのしったこっちゃないんだよ」
「・・・」
「俺が好きなんだから、ヒョンがどう思ってたってどーでも良い。それに、そのうち絶対俺の事好きになるんだからさ」
「その自信・・・どこから・・・」
「自信なんてないさ。だけど、俺がヒョンを好きだっていうのは事実だからさ。そういう気持ちが伝われば、
絶対俺の事好きになるに決まってるよ」
「そ・・・そうですか・・・」

呆れて・・・物も言えませんが、こんなドンヘさんだから、ソンミニヒョンを託せるって・・・思うんです。
頑ななヒョンの心をドンヘさんなら溶かしてくれるって・・・思えるんです。

「ドンヘヒョン」
「ん?」
「が・・がんばってください」
「お・・おう」
「僕、応援します。絶対二人が上手くいくように・・・応援しますから」
「おう」
「だから・・・ソンミニヒョンを・・・彼を幸せにしてあげて・・・ください」

僕は、精一杯のお辞儀をしました。
ホントに、本当に、彼を幸せにして欲しくって。
誰よりも傷ついて、一人で苦しんでる彼のそばにいて欲しくって。
ドンヘさん。
あなたなら、きっと、彼を笑顔にすることが出来ます。
だから、お願いです。
ソンミニヒョンを・・・幸せにしてあげてください。

「頭・・・あげろよ、リョウク。ビビんダろ!」
「ドンヘヒョン・・・」
「ようやく言ってくれたんだな」
「へ?」
「ヒョンってさ。お前いつまで待たすの?」
「あ・・そうでしたね」
「さ。これからヴィーナスのご機嫌でも伺いにいってくっかな」

僕の頭をくしゃって撫ぜてから、ドンヘさんは息をひとつ吐いてお店を見つめました。
きっと、ドンヘさん緊張・・・してますよね。

「ドンヘヒョン、ヴィーナスって・・・?」
「ああ。ソンミニヒョンはさ。俺のヴィーナスなの。男だけどあんな綺麗な人他にいないじゃない?
だからさ。俺にとってヒョンはヴィーナスみたいなもんさ。相手は女神でこっちは人間だから、すんなり上手くいくって
思ってないんだ」
「ドンヘヒョン・・・」

ヴィーナスって・・・アフロディテの別名だって・・・知ってますか?
知ってて・・・言ってるのかな?
もしかして、ドンヘさん、ヒョンがアフロディテだってことも・・・。

「まぁ、上手くいくように祈っててよ。俺のヴィーナスは一筋縄じゃいかない女神だからさ」

と、言ってドンヘさんはちょっと気合いを入れてお店に向かいました。
足がちょっと・・・震えている感じがするのは気のせいでしょうか。
あの扉の向こうにはソンミニヒョンが居ます。


「ドンヘヒョン!!」

僕が名前を呼ぶと、ヒョンが振り返りました。
こういう時、なんて応援すれば・・・良いのかな。
あってるかどうかわかりませんが、頭に思い浮かんだ言葉を僕は精一杯の想いを込めてドンヘさんになげかけました。

「グッドラックです~~~~!!!!」
「おう!」

ドンヘさんが笑顔を浮かべながら握りこぶしを挙げて応えてくれました。

「あとでお店で会いましょうね!」
「おう!!」

そう言うと、ドンヘさんはお店に入って行きました。
ドンヘさん。
ドンヘさん。
がんばってください。
僕、これから一生懸命応援します。

今はとりあえず、

GOOD LUCK!!!

です~、ドンヘヒョン!





+END+





とりあえず、終わりです~!
皆さん、ありがとうございましたー!!!


ぽよたん、お疲れ様ー♡


にほんブログ村 小説ブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

momokana says... ""
good luck!ドンヘ!!

わたしも心から応援します!
なんだかいい予感を感じさせてくれる、爽やかなendingで頬が緩んじゃうね♪

ぽよたん、あんたはイイヤツだ!!
ありがとう。
まっぴ、素敵なお話しありがとう!

ぶりさん、一番コメごめん!
2013.03.11 10:06 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.03.11 10:51 | | # [edit]
柚楓 says... "ウギたんありがとう♪"
まぴこさん、おはようございます♪
うぎたん良い仕事しましたね ^。^*
どんちゃんの根拠のない自信大好き!!ww
でっかい愛情でソンミニヒョンへGo!Go!
2013.03.11 10:56 | URL | #- [edit]
銀木犀 says... "ぽよたんいい子ですね^^"
まぴこさん こんにちは、ぽよたんいい子ですね~ ほんと! 可愛くて・・・
次は ドンへですよね?  めげないドンへが、ソンミンの心を開いてくれるのを期待しています。
拒否られても... 何度でも... ドンへならやってくれますよね!!\(*⌒0⌒)♪
応援してくれてるぽよたんの為にも! ソンミンに心から笑って欲しいから~ 
ありがとうございました。m(__)m
2013.03.11 11:55 | URL | #- [edit]
ぶりん says... "完"
あ、ホントに後1話で終わった・・・。完だ、完(笑)。

気配が消せる(基本?)ウギたんと、気付かない(致命的?)ドンちゃん・・・。
え。ドンちゃんが幹部候補で良いんですか!?間違ってませんか?ゼウス様&まぴこ様。
いや、でもその前にお財布とエコバックだけ持って買い物に出るOLかい?ウギたん、と、
素敵な格好の家政婦は見た!ドンヘ、が気になるよね、まずね・・・。電柱ってwww

ドンちゃんの熱意が伝わることを祈りましょう♡
あ~、ミンくんがどんな顔するか、見たかったなー。
お疲れ様でした♡

桃子・・・(笑)
2013.03.11 13:33 | URL | #YM16R1CM [edit]
じゃすみん says... "ドンヘ^^"
まぴこさん、最終話、ありがとうございます。
ドンへに勇気をもらったような気がしました。
ドンへのように前向きに頑張るのって、いいな~^^
Good Luckは、ウギたんの言葉だったんですね^^

・・・関係ないですけど・・・
HappyのGood Luck動画・・・
へミンとイェソンって、意外と一緒に写っているんですね~
ソンミンかキュミン中心に見てるので、新たな発見で、ウギたんと4人のショットでは、カフェみたいで、嬉しくなりました。
2013.03.11 13:39 | URL | #2Isj5yEQ [edit]
はしし says... "ドンちゃん!!"
ドンちゃん頑張って~!きっとちょっとずつ、ソンミニヒョンとの距離が縮まるよ~!

そして…ウギたん目線が楽しかったです。ふふふ(*^o^*)
2013.03.11 18:53 | URL | #U0r/0y9. [edit]
ちゃみ says... "うぎたん!!"
優しいウギたんに心癒やされました~ウギたんがドンちゃんの恋のキューピットですかね(≧∇≦*)やっぱりドンちゃんは訪ねてくると思ってました♪だってミンくんがドンちゃんの女神さまですもの!!次はミンくん目線ですかね??ドンちゃんの恋に幸あれです☆
2013.03.11 20:03 | URL | #- [edit]
ともすけ says... "ドンちゃん(^^)"
ドンちゃんの明るくて前向き思考に拍手☆
すぐには無理でもきっとミニひょんも心を開いてくれるはず。。

ウクたん目線もとっても良かったですぅ(≧▽≦)♪

是非次はミン君目線で\(^o^)/

まぴこしゃんお疲れ様でした♡♡
2013.03.12 10:41 | URL | #- [edit]
とも says... "お疲れ様でした!"
ひっそりお邪魔してましたが
勇気を出してコメントさせて頂きます!

ドンへがあまりにもドンへで
可愛いですー!
ウクたんがミン君を慕ってる感じが
すごくアタシは好きです♪

上手く行くでしょうね!きっと!
ドンへのポジティブさに持って行かれそう(笑)

素敵なお話ありがとうございましたー!
2013.03.15 13:19 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
桃子>>

 ぐっどらっく~!
 
 桃子がドンヘを応援してくれるとなんか嬉しいんだけどもwwwww
 ブラックぽよたんになることなく終わっちゃいました。
 イェウクメインだとブラックぽよたん降臨なんだけどねw

 コメントありがとー!

2013.03.17 23:25 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ドンヘ、ファイティン!!"
鍵コメhさん>>

 いつもありがとう~!
 そしていつもお返事遅くなってごめんちゃい。

 ぽよたんにそう言わせるがためのお話でしたwwww
 長かったーw
 ぽよたん目線でここまで進んだので、ミン君目線でもう少し進んで
 もらいたいなー。
 
 なかなか楽しくぽよたんで書けたので、また別の機会にぽよたん目線で書いてみようかな★ 
 ドンちゃんのスパイ活動、ホント心配ですよねw
 あれで幹部になれるのかとww
 そんな彼ですが、これからうまくいくよう祈ってあげてください★

 
2013.03.17 23:29 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ウギたんありがとう♪"
柚楓さん>>

 ぽよたん、GJ!
 まぁぽよたんだからこそ出来る仕事ぶり・・・って感じでしたねw
 ソンミニヒョンへGOGO!
 がんばれドンヘ^!

 いつもありがとう~!

2013.03.17 23:30 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ぽよたんいい子ですね^^"
銀木犀さん>>


 ぽよたん健気で良い子なのに、イェウクになるとwwww
 ブラックぽよ降臨です。
 次はミン君目線にしようかなと。
 そしてちょっと時を戻してここまで辿りついて先に進んでもらおうかなと思ってます。
 最後の最後でドンペロ目線です♡
 
 いつも読んでくださってありがとう~!
2013.03.17 23:32 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: 完"
ぶりさん>>

 終わったよー!完wwwww

 ぽよたんもスパイだからさーw気配消すこと朝飯前なのにね。
 ドンペロたんって・・・・・・www
 まぁ、そういうのがドンペロたんの魅力なんですよ。うふふふふ。

 このカフェ、ホントないかしらねー。
 あったらいいねー。
 行きたいねー!

 ドンちゃんはきっとミン君をもぎ取るよ!
 うん。多分。

 いつもありがとうね!
 

 
2013.03.17 23:34 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ドンヘ^^"
じゃすみんさん>>

 こちらこそ、最後までありがとうございますー!
 ドンへだからこその終わり方だったかなーと思いながら書きました。
 そして、ぽよたんにそう言わせるがためのお話でしたw
 
 動画も楽しんでもらえて嬉しいです~!
 そうなのそうなの。ヘミン+イェって案外一緒にいるんですよね。
 
 いつもコメントありがとうございます!

2013.03.17 23:36 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ドンちゃん!!"
はししさん>>

 ドンちゃんだからきっと強引にでも距離を縮めてくれるはず。
 ぽよたん目線楽しかったのでまた今度書きたいデース♡
2013.03.19 23:44 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: うぎたん!!"
ちゃみさん>>

 ぽよたん、ブラックぽよよになることなく終わりましたw
 兄さんが絡まないとブラックにはならないうちのぽよたんです。
 ドンちゃん来るに決まってますよねーw
 あれで来ないなんてドンちゃんじゃない。
 次はミン君目線です。がんばりまーす!
2013.03.19 23:45 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ドンちゃん(^^)"
ともすけさん>>

 ドンちゃんは前向き思考な気がしまして・・・。
 絶対諦めないで来ると思ってました。
 実際はどうなんでしょーね。
 喧嘩したりしたら折れるほうなのかなー。

 ぽよたん目線、書きやすかったのでまた今度違う時にでも~。

 いつもありがとうございます♡
2013.03.19 23:48 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: お疲れ様でした!"
ともちゃん>>

 ありがとうございます!
 初コメ、いただきましたー!
 
 ドンヘらしいって言ってもらえてホッとしますー。
 ぽよたん、華麗なする―スキル発動しますがなんだかんだとミン君慕ってますからねw
 頑張って欲しいです。
 
 イケイケGOGO!ドンヘ!!
 と、ドンヘ応援しすぎてぎゅがかすむ・・・・wwww

 コメントありがとうございました♡
2013.03.19 23:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。