Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

BLUE WATER (シヘ)

シウォニー!誕生日おめでとおぉおお!

な、シヘです。
まさかのシヘ!!!!!!!

笑って許して下さい・・・・・。

BLUE WATER 






活動も落ち着いて宿舎で雑誌を読んでごろごろしていると、シウォンが珍しくやってきた。
カンインヒョンも丁度居なくって、12階には俺だけ。
シウォンは同じ仲間だけど、別行動が多くて宿舎に来ることもまれで。
そんなまれな時にあいつの車にぶつけちゃってしばらく俺がへこんだけども、まぁ仕方ない。
レアキャラシウォンは相変わらずスターなオーラを発して無言で宿舎に入ってきた。
仲間に会うのに、そんなキラキラオーラ必要なのか?
いや、あいつは無意識にスターのオーラを出している。
あいつこそ、生まれながらのスターだ。
それは俺も認めてる。
演技だって歌だって踊りだって、なんでもこなすシウォン。
いつも全力でがんばるあいつだからこそ、会うと疲れてんじゃないかなって・・・心配になるんだ。

今日も、そんな疲れた顔をしてるような気がした。
でも、疲れてるのか?と優しい言葉をかけるのは癪だ。
同じ年で同じグループで、ライバルで友達で。
いろんな関係が気持ちを複雑にさせる。

「なんだよ、お前。どうしたんだよ、宿舎になんて」
「来ちゃダメか?」
「ダメじゃないけど、珍しいじゃん」
「たまに・・・メンバーに会いたい時だってあるだろ?」
「へぇ・・・」

俺が気のない返事をしても気にせずに、シウォンは勝手知ったる場所とでもいうように、冷蔵庫を開けて
青いペットボトルの水を取り出した。
シウォンが好きな青い水。
俺は緑のボトルに入った水が好きだから、青い水は飲まない。
シウォンが飲むから飲まないんじゃない。
俺は緑が好きだから青い水は飲まない。
ただそれだけ。
青い水はシウォンの水だから、メンバーのだれも手に取らない。
取ってもシゥオンは怒ったりしないけど、なぜか皆俺の緑の水ばっかり狙って飲む。
不公平だって訴えても、お構いなしに緑の水は減っていく。
シウォンの青い水は、いつくるともわからない主をずっと待ち続けていた。
主の喉を癒す、その一瞬のためにずっと待ちわびてる。

当たり前のように青い水を飲むシウォン。
青い水は主の喉を潤して役目を果たして恍惚と煌めいていた。

「おい、俺にもくれよ」
「ほら」

本当は緑の水が欲しかった。
青い水なんていらない。
でも、シウォンは飲みかけの青い水を投げてよこした。

「青い水なんていらねぇよ」
「美味しいぞ?」
「俺は・・・緑の水が好きなんだよ」

なんて言いながら、俺は青い水を飲んだ。
喉が一気に潤う。
シウォンを待ってた甲斐・・・あったな。
最高に、うまいぜ?

「美味しいか?」

シウォンが微笑みながら聞いてくる。

「普通」
「美味しいはずぞ?」
「普通だって」
「俺との間接キッス付きだからうまいはずだ」
「ふざけんな!」

ぶーっと水を吹き出すところだった。
チェ・シウォン。
キモイこと言うな!

「もういらない」
「もっと飲め」
「そんな間接キッスだなんだ言われて飲めっかよ」
「じゃあ、間接じゃないキスなら良いのか?」
「お前なー。なんでそうなるわけ」
「さぁ」

ニヤリとシウォンが笑った。
それから、そっと俺の隣に座る。
シウォンが慣れた手つきで俺の肩に手を伸ばしてくる。

「俺は女と違う」
「わかってる」

何がわかってるだ。
女を扱うように俺の肩に手を回しやがって。

シウォンの手を払いのけようとした手を、シウォンに逆に握られた。
黒曜石のような瞳が俺をじっと見つめる。

「たまには・・・俺にも優しい言葉をかけてくれ」
「はぁ?何言ってんだ」
「ソンミニヒョンへの愛情のほんの・・・・わずかでいい。今日だけでいいから・・・わけてくれないか?」
「シウォン・・・」

なんでそこにソンミニヒョンが出てくるわけ。
お前、なんでそんなこと・・・言うわけ。

「ドンヘ。」
「なんだよ」
「今日は・・・・俺の・・・・」

言いながら、シウォンの唇が近付いてくる。
シウォン。
反則だぞ?
俺は・・・仲間だし・・・・男だろ?

知ってる。

そうシウォンの瞳が答える。
有無を言わさない強い光を宿しながら、シウォンは俺を射抜く。

唇が触れるか触れないか。
そんな距離に来てようやく、あいつは言った。

「今日は俺の・・・誕生日だ、ドンヘ」
「知ってるよ。だから、今日だけだ。今日だけだからな。」

俺は、シウォンの首に両腕を絡ませた。
シウォンの唇の熱が俺の唇に伝わってくる。

シウォン。
今日だけ・・・・だからな?
誕生日プレゼント・・・だからな。
俺はお前の青い水にはならない。
お前を潤す役目はあの青い水だけで充分だろ?
シウォンが離した唇をもう一度押し当ててきた。
青い水が口に広がる。

「ドンヘ・・・」

シゥオンの熱い吐息から青い水の匂いがする。
その匂いが俺の体を包んでいく。

「今日だけ・・・今日だけだぞ」
「わかってる」

おめでとう、なんて言わないぞ、シウォン。
そう言うと、それでも良いとシウォンが笑う。
それでも・・・最高の誕生日だと、シウォンは青い水を飲みながら嬉しそうに笑った。



+END+










おめでとう、シウォニー!!!!!
スランプな私のシヘミンっぽいシヘw
シヘもかけるんじゃない?私。
いかがでしたでしょうか・・・・。

スポンサーサイト

Comment

たんたん says... ""
シウォンさんお誕生日おめでとうございます!
シヘ…ドキッとしてしまいましたTT
先日、韓国人のお友達に聞いたのですが。韓国人は日本人より間接キスを気にすると。間接キスOK=付き合ってもOKなのだと思う、と言っていましたwww
シウォンさん良かったですね…www
いつも素敵な記事ありがとうございますo(^▽^)o
また遊びに来させて下さい\(//∇//)\
2013.04.07 02:17 | URL | #- [edit]
ゅきりン says... "つい..."
タイトルに引かれて来てしまいました...

メンバー相手でもオーラ満開のシウォンがwww
2013.04.07 11:14 | URL | #- [edit]
ぶりん says... "なぜ・・・"
他の人はすっとばしても
しおんさんのおたんじょうび・・・。
なぜによ、まっぴ・・・wwwwwwww

わたしも、水じゃないけど
吹きました♡



2013.04.07 12:00 | URL | #YM16R1CM [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.04.07 14:03 | | # [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
たんたんさん>>

 シウォニーちゅっかへー!
 今までシヘだけのお話書いてなかったんですが、今回誕生日ってことで書いてみました♡
 間接キスのこと、そういうのがあるんですね!
 知らなかったー!うかうか間接キスも出来ないですねwwww
 
 こちらこそ、いつも読んでいただいてありがとうございます★
 いつでも遊びにきてくださいね!
 コメントありがとうございます★
2013.04.07 21:53 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: つい..."
ゅきりんさん>>

 コメントありがとうございますー!
 タイトルでピンときてもらえて嬉しいです。ぐふふ。

 
2013.04.07 21:54 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: なぜ・・・"
ぶりさん>>

 思えば、他の人のしてなかったね。
 なのにシウォニーwww
 きっとスキビのせいだよ。
 スキビのシウォンかっこいい・・・・・・・・・もん♡
 
 吹いてくれて嬉しいよ。うふふ。
2013.04.07 21:55 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: 切ないシヘミンTT"
鍵コメhさん>>

 わーい!コメントありがとう!
 私も最近シヘ来てて、でも探せなくて結局自分で書いて見たのですが・・・・。
 そのハァハァするの読んでみたいなwwww
 今までミン君絡みばっかりでしたけど、私のナンバーツーのドンヘが熱いのでシヘにもどんどんとwwww
 
 基本シヘって切ないですよねー。私だけかな?
 ヘミンは明るい片思いだけど、シヘはちょっと辛い片思い。
 ラブラブなシヘって今は想像つかないんだけど・・・ラブラブを思いつく日が来るかしら。
 
 キボム相手でも受けなんだー。
 キヘかな??
 まだ読んだことないです~。
 今度またじっくりお話聞かせてくださいね。うふふふふ。

 シヘはこの先続くかどうか。
 またぽっかりとお話を思いついたら書きますねー!
 いつもありがとうございます★

2013.04.07 22:01 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.04.08 13:29 | | # [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: こんにちは♪"
鍵コメにさん>>

 おおおおおおおおおおおおおお!
 わかりますよ!
 先日はビックなお店で偶然でしたねw
 
 コメントありがとうございます~!
 私もスキビで馬がめっちゃ気になっておりますww
 まさかのシヘだったんですが、やっぱミン君絡ませちゃう。
 純粋に甘くて砂吐きそうなシヘ・・・・もう少し修行してから、いつかはwwwww
 
 また遊びにきてくださ~~~~い★
2013.04.08 15:36 | URL | #- [edit]
柚楓 says... "澄み切ったお水のような・・・"
まぴこさん、こんばんwa♪

ドンヘもシウォナも唇が薄くって、私のなかではすっきりしたお水みたいなイメージ。
だからキスしてもベタベタしなさそう・・・ww
美しいお顔のおふたりだわぁ~(スキビ楽しいです ^。^*)
2013.04.08 21:55 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: 澄み切ったお水のような・・・"
柚楓さん>>

 こんにちは!
 お返事が遅くなってしまってごめんなさい☆

 唇・・・確かに薄いかもwwww
 スキビのドンちゃんの役がかっこいいんだか悪いんだか・・・・。
 なんかシウォニーに最近やられてます。
2013.04.15 12:36 | URL | #- [edit]
☆ニア☆ says... ""
シヘ〜
さり気ないヘミンにキュン(笑)

私の中でも
シヘってラブラブなイメージなくて
常にシウォンの切ない片思いってイメージがあります

最近ドンへ急上昇の私には
(ナンバー2推し)
このお話ちょっとドキドキして
誕生日だからな!
とかいいながら
関係が続くんじゃないかと
更にドキドキします(^^)




2014.10.12 18:02 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
ニアさん>>

 シヘってシゥオンのらぶらぶ感が強くてw
 ドンヘはヘミンを書いているので、どうも攻めっていうイメージがあるんですけど、
 シヘを書いていると、受けうけしくなるから不思議です。
 ドンヘはどっちもいけるのかw
 
 こういう微妙な関係もいいですよね~♪
 いつもありがとうございます。
2015.10.17 21:53 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する