Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スターライトパレード *3 (キュミン)

gyu-2.jpg


そりゃないよ、チャンミン・・・な図にしましたw





スターライトパレード *3 (キュミン)



「じゃあね、お休み」

宿舎につくと、ヒョンが手をひらひらとさせてお休みの挨拶をして自分の部屋に入って行った。
こんな時、部屋が別々で良かったと・・・心底思う。
一緒の部屋だったら、俺は生きてはいなかっただろう。

あの、キスの意味ってどういう意味ですか。

言えない言葉を抱えて眠れない夜を過ごし、そして俺の息子も破裂しそうになって生きた心地などするものか。
部屋着に着替えて、ベットの上でぼんやりと思い浮かべる。
ヒョンの唇の薄さとか感触とか、マンゴージュースの味とか・・・・。

あーダメだ。
俺は頭を何度もふって追い払う。
あれは、味見だったんだ、味見。
そうだ、味見だ。


「ってそんなわけないだろ」

画面越しにいるチャンミンがそう打ってきた。
悶々としているところに、チャンミンが話しかけてきたのでついつい返事をしてしまった。
チャットっていうのは便利な反面、ついいわなくても良い話しをしてしまう。
俺がヒョンにキスをされたというのをオブラートに隠してキスについて問うと、最強様はズバッと
切りこんで来た。

「キュヒョン、味見なんて普通するか」
「しないのか」
「お前・・・・どんだけ・・・・」
「いや、そうなのかなと思ったんだけど。」
「はー・・・・だからお前Do亭なんだよ」
「ってその文字の変換なんだよ。」
「正直に書いたらお前が哀れだろ」
「そんな慰めいらん」
「そっか。じゃあ、ズバッと書く」
「・・・・いや、やっぱり優しくして」

PC上のチャンミンはいつになく饒舌でいつになく毒舌だ。
毒舌キャラの俺も押されるほどだ。
こいつに相談したのがそもそも間違い・・・・だっただろうか。
同じギュラインでも、違うヤツに相談した方が良かっただろうか・・・。
なんて、さらに悶々となる。


「キュヒョン。どういう意味か聞いてこいって言え」
「え」
「聞かないとどうにもならないだろう」
「聞いてどうする」
「それはお前が考えろ」
「チャンミン・・・無情な男だな・・・」
「そもそも、お前の友達の話しだろ」
「お・・・・おう、そうだった」

忘れていた。
俺じゃなくて架空の友達の話としてしたんだった。
けれども、チャンミンはなんとなく俺自身のことだと感づいているのかもしれない。
それでこう強気なことを言ってきてるんだ。
そう思わないとやってられない・・・。

「聞いて・・・・はぐらかされたらどうする」
「それならそれで良いだろう」
「え・・・」
「今は聞く時じゃないってことだ」
「さすが、最強様!」

と、気持ちよくさせといて、俺はログアウトした。
ベットの上に仰向けになって、先ほどの事を自分なりに反芻する。
チャンミンが意味を聞いてこいと言ったけれど、もう夜中もすぎてさすがにヒョンは寝たハズだ。
明日は午前中仕事がないから朝までゆっくり寝るのを邪魔したくない。
けれども、俺は悶々として仕方がない。
チャンミンはああいったが、俺は聞く勇気が持てない。
もし聞いて、意味はないって言われたら?
もし聞いて・・・今までのような関係に戻れなかったら?
それなら聞かない方が・・・・。

「キュヒョン、寝た?」

なに!?

「キュヒョン・・・俺だよ、ソンミンだよ」

なんですと!?

想定外の声が聞こえてきた。
俺は慌てて飛び起きたが、空耳じゃないかと疑った。
時計を見るともう結構遅い時間・・・。
どうしたというんです、ヒョン。
あなたいつもすぐ寝るじゃないですか・・・。

「ど・・・どうしました?」
「なんか・・・眠れなくて。部屋に入っても良い?」
「い・・・・良いですけど・・・」
「ごめんね、こんな遅い時間に」

と、いってヒョンが部屋につい・・・・と入ってきた。
いつもの部屋着、いつもの笑顔、いつものヒョンなはずなのに、なぜ俺はこうも動揺しているのか。

「コーヒーのせいかな。なんか眠れないんだ」
「そ・・・そうですか。俺のせいですね」
「うん、そうだね。キュヒョンのコーヒーのせいだね」

そうですね。
すみません、ヒョン。
俺がコーヒー半分残したばっかりに・・・・。

「ね、キュヒョン」
「はい」
「だからさ」
「はい」
「責任とってくれる?」
「・・・・え?」

そう言って、ヒョンが笑う。
ヒョン・・・・今度こそ聞いて良いですか。
その言葉の意味を教えてくださいって・・・。



****

こんなぎゅ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
ごめんね。ぎゅ。
もっとカッコよくかくつもりだったのにな・・・・。
おかしいな。
うーん。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

ぶりん says... "ぎゃああああーーーーーーーっ!!"
キリバン踏んだろうと思って来たら
あがってるじゃないの!!

しーかーもー
良いところで終わってるしいいいい!!!!
ミンくん…さ、誘ってる!
ちょちょちょ…ちょぎゅひょん、がんばってー!!
目の前にいるのは、チェガン・ソンミンだよーーー!!(笑)

つーづーきーーーーー!!
2013.09.30 18:26 | URL | #YM16R1CM [edit]
kopiyon says... "おおおっとおおおー!"
こんばんは、mapiko様!
まずは、300000アクセス達成、おめでとうございます!
そろそろ?と思って遊びに来たら、
7番過ぎてましたー!(T^T)
密かに、どのCPにしようか悩んでましたが・・(笑)

翻弄されるぎゅったん、可愛いです。
楽しみにしています!
2013.09.30 21:20 | URL | #- [edit]
tama says... "おっ!この写真ww"
使われとる( ^ω^ )ウヒヒ
この手の美しさとかさぁ、口角の上がり具合とかさぁそういうのがツボだったんだけどなぁ…
よく見ると確かにそりゃないよ…って感じだねw

あーあキリ番踏めなかった(T_T)
きっと踏んだ人は今リクを一生懸命考えていると信じてます!

ちょっとーみんちゃん、Do亭ぎゅーちゃんにナニをする気ですか( ^ω^ )
やっぱりヲタぎゅいいよ!
これがぎゅーちゃんのあるべき姿だよ!
無理してカッコイイぎゅを書く必要はないですわよ!
2013.10.01 01:27 | URL | #- [edit]
はしし says... ""
私もキリ番逃しましたー!くぅ(>_<)。。。残念!ミンウクによるノロケ話を考えていたのに~。僕の兄さんが!俺のぎゅが!みたいな(笑)

スターライトパレードの翻弄されるぎゅったん、好きです!ミン君に振り回されてメロメロになっちゃえ~!
2013.10.01 19:49 | URL | #YmpeaqZA [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ぎゃああああーーーーーーーっ!!"
ぶりりん>>


 良いところで終わらせたお♡
 チェガン・ソンミン!!!
 それもエエのぅ。。。

 
2013.12.18 09:02 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: おおおっとおおおー!"
kopiyonさん>>

 おほほー!ありがとうございますー!
 333333も通り過ぎ、今回はなんとか企画達成で来ました♡
 今度ぜひ切り番ゲットしてください♡
 kopiyonさんのCP気になるなー。

 いつもありがとうございます★
2013.12.18 09:36 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: おっ!この写真ww"
たまたま>>

 そう!この写真使ったよー。
 そりゃないよって感じ溢れてるかなってw

 ヲタギュしかかけない私をゆるしてくだぱいw
 カッコイイぎゅ、書かなくても良い?
 そんなー!(あまのじゃくw

 
2013.12.18 09:37 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
はししさん>>

 コメントのお返事が遅くなってごめんなさい。。
 ミンウクのロノケ話し!ですね?
 なるほど・・・・。

 ミン君に振り回されるぎゅったん、良いですよね~♪
 いつもありがとうございます♡

2013.12.18 09:40 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する