Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

雨のち晴れルヤ   (キュミン)

本日キュミンディ!
ってことで・・・・・・・・・すが、なんだかちょっと体調不良であまり書けず。
他のお話も途中で止まっててごめんなさい。
夏が終わらないうちに完結を!!!!!!!!!!!!


てなわけでのキュミンをお楽しみください★



雨のち晴れルヤ


しとしと・・・・雨が降っている。
蒸し蒸しと蒸し暑くて、外に出るのも億劫で。

ほんの少しの好奇心で、僕はパソコンを立ち上げて検索してみたんだ。
僕らのファンフィクションってヤツを。


たくさんの言語でたくさんのシチュエーションでたくさんの僕がキュヒョンに
たくさん愛を伝えている。


好き。

好き。

好き。

そして、愛してる。


文章の中の僕は何十回、何百回、いや、数え切れないぐらいにキュヒョンに愛を奏でてる。
たまに喧嘩したり、たまに怒ったり、そして、泣いたりして、僕はキュヒョンに
ありったけの愛を叫んでる。

ふと・・・僕は、ベットの上ですやすやと眠るキュヒョンに、このたくさんの物語の中の僕のように
彼に愛を伝えているか・・・気になった。

雨が、しとしと降っている。
僕らの部屋には、雨音とキュヒョンの寝息しか聞こえない。

たくさんの僕。
いろんな僕。

FFの中で僕は何にでもなっていた。
先生だったり、生徒だったり、殿様だったり、コンビニの店員だったり。

でも、どれもこれもキュヒョンのことが好きな僕ばっかり。

ね。
キュヒョン。

僕は、このお話の僕のように、お前に愛を伝えていたっけ?
こんなに素直に・・・お前に好きって言ってたっけ?

じーっと眠るキュヒョンを恨めしそうに僕は見た。

二人っきりで居るっていうのに、連日のミュージカルの練習の疲れで眠ってばかりのキュヒョン。
ちぃともかまってくれないキュヒョン。
このお話の中のキュヒョンみたいに、もっと僕の事を考えてくれたら良いのに。


僕は、FFの世界に戻った。
読み切れないほどたくさんのお話があって、キュヒョンだけじゃなくて、僕はドンヘや
ヒョクにも愛をたくさん伝えていた。

こんな風に、皆に素直になれたら良いのにな。
こんな風に、自由に・・・何にでもなれたら、良いのにな。

ふぅと小さくため息をつくと、後ろから突然、ぎゅって抱きしめられた。


「なんだよ」
「何見てるんですか」
「寝てろよ」
「意地悪ですね。」
「現実のお前はすごく意地悪なのに、この世界のお前はすごく優しい」
「何言ってるんですか。現実でも、お話の世界でも、俺は優しいですよ?」
「ふぅん・・・」
「ヒョンの方こそ、お話の中の方が、可愛げがありますよね?」
「何言ってんだよ。現実の僕の方が・・・可愛いぞ?」

そう言うと、キュヒョンがにっこりと笑って、


そうですね。


って僕にキスをした。

「お話の中のあなたがいくら可愛くても、こうしてキスは出来ませんからね」
「ふん・・・」
「お話の中のあなたのように・・・素直に、好きって言ってくれたら俺はもっと
嬉しいんですけどね」
「ふん・・・」

後ろから抱きいて、キスをして・・・それなのに、好きって言えだなんて。
贅沢だぞ。

でも。



たまに・・・・。






「キュヒョン」
「なんでしょう?」






「好きだよ」





「知ってますよ」




キュヒョンが笑ってもう一度キスをする。
素直になった僕に、ご褒美だとばかりに、深く深く口付けをする。


ご褒美が欲しくて・・・

素直になったわけじゃないんだぞ?


お話の中の素直な僕が羨ましくて・・・真似しただけだからな。




「どんなあなたでも、俺は愛してますよ」



キュヒョンの言葉が雨音に混じる。
僕の耳元で囁くキュヒョンの甘く歌うような言葉に今は酔いしれよう。

雨が止むまで。

このままで。




関連記事
スポンサーサイト

Comment

みゆずく says... ""
「好きだよ」
「知ってますよ」

うをーーーーーーーーーーーーー
ここで微笑むギュの顔が浮かぶ…
雨の日の湿度と
キュミン独特の湿度が相まって
すごくしっとりした大人のキュミンですな♡

残り少ないキュミンdayも
まぴさまのおかげで
幸せキュミンのことを考えて過ごせそうです♪
ありがとうまぴさま^^
2014.07.13 23:50 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
みゆごん>>


 うおーーーーーーー!!!
 って雄叫びあげてもらえて嬉しいです。
 キュミンディに書いたお話だったんだねwってコメント見て知るワタシ・・・w
 
2014.12.27 13:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する