Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭が臭いと君に言われ5日ぶりに風呂に入った (ウネ)



ドンヘ―――!

誕生日おめでとおおおおおおおおおおおおお!

なのに、こんなお話しで・・・・・。ごめんw

いつまでも愛らしいあなたでいてね。





頭が臭いと君に言われ5日ぶりに風呂に入った (ウネ)




「くっせー!」

と、ドンヘが言う。
突然部屋に来て、勝手にゴロゴロしに来て、勝手に俺の膝枕で寝て、暇になったからって
勝手に俺の頭の匂いを嗅いで、だ。

「ヒョク!お前いつ風呂入ったんだよ」
「はぁ?昨日入った」
「嘘つくなし」
「いや、入ったし」
「だって、昨日はずっと俺と一緒だったし」
「じゃあ、一昨日かなぁ」
「一昨日は仕事だっただろ!風呂入ってないだろう!」
「別に・・・死ぬわけじゃないし、風呂ぐらい入らなくたって」
「俺が死ぬから入ってくれ!」


と、わけのわからない主張を必死にするイ・ドンヘ。
俺は元来綺麗好きだ。
でも、なんとなく・・・風呂は嫌いなんだ。
風呂は毎日入れって?
んなさ。入りたくない時だってあるじゃないか。
毎日入ったら疲れるじゃないか。
そりゃあ汗かいたら風呂に入るよ。シャワー浴びるよ。
でも、汗もかいてなかったら・・・一日や二日、風呂に入らなくったってさ。
良いじゃん。


「臭いなら近寄ってくんなよ」
「えー・・・」
「俺がいつ風呂に入ろうが入るまいが、ドンヘには関係ないじゃん」


あ。言い過ぎたかな。
ドンヘの目がちょっと・・・下がってくる。
目がうるっと・・・キてる。
思いきり口をへの字にして、俺を睨んでくるドンヘに、ちょっと悪いなって思って・・・、
ごめんって言おうとした時だった。


「ふ・ざ・け・ん・な!」

そう大声で叫ぶと、無理矢理俺の手を掴んで風呂場に引きずりこんだ。

「くせーんだよ!!!!!俺はお前と一緒に居たいんだけど、くせーーんだよ!」
「ぶわっ!やめろ!やめろ、ドンヘ!!!!」


じゃあああああーーーーーーーーーーーーーー!と、ドンヘが俺を押さえつけて、頭にシャワーをぶっかけてくる。
そしてすぐに、俺の頭にシャンプーをなすりつけ、わっしゃわっしゃと洗われて、顔にシャンプーの泡が流れ落ちてくる。

「や・・・やめろおお!」
「うるせーー!風呂に入らない、てめぇが悪いんだ―!!!!」

怨念こもってますか?っていうぐらいに、力強く髪を洗われて、お湯で流されて・・・・Tシャツもズボンもべっちゃべちゃ。
当然ドンヘの服もベチャベチャだ。


「どうだ!まいったか!」

髪から水滴がしたたり落ちてくる。
その水滴の向こうに、ドンヘがドヤ顔で立っている。
まいったかって・・・・お前なぁ・・・・。

「気持ち良かっただろ」
「別に・・・」
「風呂は・・・毎日入るもんだ」
「気が・・・向いたらな」

と、言うと、ドンヘがシャワーを構えて俺に水をぶっかけるそぶりをしてみせるから、俺はわかったわかったって言ってみせた。

「はーもう、疲れた」
「ヒョクは全然疲れないだろ。俺の方が疲れた」
「はぁ?お湯浴びると疲れんだよ。それにお前が勝手に俺の頭を洗って勝手に疲れてるだけなんだから
文句言うな」
「ひでー」
「ひどくねぇし」
「ひどいし」

なんて言いながらドンヘが笑う。
俺は自分の髪をわしゃわしゃ拭きながら、ついでにドンヘの少し濡れた髪もわしゃわしゃと拭いてやる。
まるでワンコのようなドンヘの茶色い髪を拭きながら、こうして二人で濡れるのも悪くないなって思った。

「な。」

タオルの下でドンヘが言う。

「俺と一緒だったら毎日風呂に・・・入る?」
「え?」
「一緒だったら・・・きっと毎日風呂の時間が楽しいし・・・毎日絶対入りたくなるよ」
「・・・考えとく」

毎日誰かと一緒に風呂に入らなきゃならないほど、俺は子供じゃない。
俺は一人で風呂に入れる。
だけど、たまには・・・それも良いなって。
子供みたいに、誰かと一緒に風呂に入って、キャッキャキャッキャはしゃぐのも・・・良いな、なんて思ったのは、
ドンヘには内緒だ。

「早く服着替えて、ジュースのも!お前の好きなイチゴみるく、きっと冷えてて飲んだら美味しいよ!」

そう言うと、ドンヘは一気に濡れた服を脱いで、濡れた体を拭いてさっさと出て行った。
俺はいちごミルクが好きだ。
だけど、風呂上りには、コーヒー牛乳だって・・・決まってんのに。
バカなドンヘ。
でも、今日はいちご牛乳で我慢してやろう。
お前が冷やしておいてくれたいちご牛乳だから、きっと美味しいよな。

「美味しい?」

ちゅーっといちご牛乳を飲む俺に、ドンヘが首を傾げながら聞いてくる。
俺が、美味しいよって答えるとすごく嬉しそうに笑った。
んで、それから俺の髪の匂いを嗅いだ。


「んー!良い匂い!ヒョク最高!」

って、笑うドンヘの髪をくしゃって撫ぜた。
たまには、こんなこともあっていいかもなって思ったドンヘの誕生日。
おめでとう、ドンヘ。
いつまでもこうして一緒にいような。


+END+




私のウネってこんな・・・・んなんですけど、ウネ好きの人にしてみれば、こんなん違う!かもしれませんね。
ごめん。笑って許してチョ。
ウネいずフォーエバーフレンズな私のかくウネに、いつか恋愛的なものが生まれるでしょうか。
ついついウネのヒョクちゃんは厳しい感じになっちゃうんだけど、でも、そこに愛はあるはず!

というわけで、今回のドンヘの誕生日はちょっと趣を変えて、ウネにしてみました!

おめでとうね~!
スポンサーサイト

Comment

ぶりん says... "ヲイ"
これは、ドンヘがぶりりんで、ひょっくがまぴこですか?
それとも、ドンヘはたまたまですか?みゆみゆか?ももか?
そうですか、そうですか。
洗って差し上げましょうか?
ばっしゃーーーーーー!

ドンちゃん!お誕生日おめでとう!
なんだか落ち着かない感じで迎えてしまって申し訳ない感じ…。
ドンちゃんの屈託のない笑顔に癒される気がします。
ひょっくも!かわいいいいいいー!

まっぴ、またウネ書いてね♡
頭洗ってあげるから。遠隔操作で…。
2014.10.15 00:17 | URL | #YM16R1CM [edit]
みゆずく says... "風呂話かい!"
>「風呂は・・・毎日入るもんだ」

そうだね。
そうだねまぴさま。
ってみんな突っ込んでるよきっと。

ドンヘ誕生日おめでとう!
私はこんなウネの方がけっこう好きかも。
ウネペンじゃないからかな?
でもいつまでもこんなふうに
じゃれてる2人でいて欲しい…

可愛いお話をありがとうまぴさま!
風呂入れよ!ww
2014.10.15 00:21 | URL | #- [edit]
tama says... "えっと、これは…"
まっぴとぶりりんの掛け合いってことでいいですか?

おもろすぎ!最高!
傷ついたみんぺんに最高の癒し!ありがと!
2014.10.15 01:10 | URL | #- [edit]
☆ニア☆ says... ""
まぴこさん
こんばんは(^^)

あちらで「いいね」
ありがとうございます(≧∇≦)

私の中のウネも
親友なんですよね
一番の親友!
お互い本当に信頼しきってる
大親友なんです(^^)

このお話みたいな
ほんわかラブ
のウネも可愛くて好きです❤️




2014.10.17 00:38 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: ヲイ"
ぶりりん>>


 よーーーーーやく!
 1年ぶりのお返事ですw
 やーん結局一年・・・・・。オヨヨヨヨ

 しかも、1年前のこの日…ドンヘの誕生日だったんじゃないでつか。
 今年は何もしてあげれなかったなー。
 シクシク。
 
 1年前から引きずる風呂ネタw
 いつも付き合ってくれてありがとう。
2015.10.17 22:02 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: 風呂話かい!"
みゆごん>>

 ドンヘおめでとう!!!

 って去年・・・・・涙。

 やっぱウネはこういうわちゃわちゃがええよねー。
 親友ウネさいこー!

 今日は風呂入ったよ!
2015.10.17 22:08 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: えっと、これは…"
たまたま>>
 
 まっぴとぶりりん、まだこの掛け合いやってるおw
 まだ風呂は・・・・・・・。

 1年経っても変わりませんw
 たまたまの心の傷は薄れたかな?
2015.10.17 22:10 | URL | #- [edit]
シカマル★まぴこ says... "Re: タイトルなし"
ニアさん>>

 いつもありがとうございます!
 ウネはやっぱ親友で、いちゃいちゃラブらぶな話は書けないのです・・・。
 こんなウネをいいね!といってもらえてすごくうれしいです。
 
 またいつか、こんなウネを・・・!
2015.10.17 22:14 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。