Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

Strawberry on the Shortcake *1(キュミン)







Strawberry on the Shortcake *1(キュミン)



目の前にあるのはイチゴのショートケーキ。
けれども、メインであるはずのイチゴがない。
ぽっかりとクレーターのように空いている穴からクリームの下の生地が見えていて、
イチゴとクリームで塞がれていたそこを曝け出している。

何かがオカシイ。

そう思いながらも目の前にある、イチゴのショートケーキを見つめる。
そんな僕をオカシイとばかりに目の前の人が笑った。

「おかしなヒョン。なんでそんなガン見?」

僕は顔を上げた。
目の前には・・・ショートケーキの上のイチゴを頬張りながら僕を見ている彼の姿があった。

「ジヨン・・・」

自然と、彼の名前がついと口からこぼれた。
彼は、ジヨン。
彼は・・・僕の・・・。


「食べないの?」
「え?」
「さっきから俺のケーキばっかガン見して、自分のケーキ・・・食べないの?」

そう言われて僕はハッと気が付く。
僕の目の前のケーキはイチゴのショートケーキではなくて、ガトーショコラ。
甘い生クリームが添えられていて、きっとガトーショコラと一緒に食べると美味しいんだろう。
僕は、ガトーショコラを慌てて食べた。
イチゴのショートケーキが食べたいわけじゃない。
だけど、ぽっかり穴の空いたケーキに何かひっかかるんだ。

「甘いものが食べたいって言ったのヒョンじゃん」
「そ・・・だったね」
「仕事疲れてる?なんか大変?」
「いや・・・そんなことない」
「そ。だったら良いけど。さ。食べよ。」
「う・・・うん」

もうそろそろ日付が変わりそうな時間に、男が二人ファミレスで向かいあってケーキを食べているなんて
怪しく思われないだろうか。
ドリンクバーで好きな飲み物を飲んで、甘いケーキを口にする。
明日体重計に乗るのが怖いぐらいけれど、ケーキの糖分が僕の体の隅々に行きわたり、疲れた体を癒してくれる。
これが夜中じゃなかったら良いのに・・・。なんてうっとりとしていると、
ジヨンがにやにやしながら僕を見ていた。

「なんだよ・・・」
「いや・・・幸せそーって思って」
「うん。幸せだよ」
「そ?それってケーキのせい?それとも俺とこうして二人で逢ってるせい?」
「・・・どっちも・・・かな?」
「意地悪だね」

ジヨンが指をねっとりと絡ませて、僕の言葉を聞いていた。
自分の欲していた答えではなかったのか、なかなか僕の手を離してはくれない。

「ミニは意地悪だ」
「意地悪・・・じゃない。本心だもの」
「へぇ・・・」

片方の手でガトーショコラをフォークで切るのが大変だけれども、僕もジヨンの手を離そうとしない。
しばらくぶりにジヨンに逢って、昂揚してるのは僕も同じだ。
片方はスーツを着て、片方はラフな格好をして、誰も居ない店内で僕らは目立ってないだろうか。
店員に何か言われてないだろうか。
そんなことが気になったけれど、僕はジヨンから視線を離すことが出来なかった。
とっくにジヨンの前からショートケーキは消えていて、僕のガトーショコラもそろそろなくなりそうだった。
ジヨンの熱い視線と絡みつく指の意味を察することの出来ない僕ではない。
それに、僕らは・・・特別な関係なのだから、そうなることを拒絶するのはナンセンスだ。

「いこ」
「うん」

自然にジヨンが僕を促す。
僕とジヨン。
他の人にはどう見えているのか。
そんなの関係なかった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ぶりん says... "新作かっ!"
ジヨンって
誰ぞ――――――――――――――っ!?

まっぴの新作
しかもキュミン
どーした!?
シャワーあびたら降りたん
そうかそうか
楽しみにしてるね♡
お腹すいちゃったじゃんか~~~
2015.08.21 00:26 | URL | #YM16R1CM [edit]
ジヨン??? says... "はて?"
誰ぞ???wwwwww
一瞬ヨジャかとオモタw
んなわけないよね。
キュミンだもんね。

ミンがいちごを横取りしたのかと思った私を
どうぞ笑ってください(ノ´∀`*)
普通にそう読んじゃった…
やりかねないし…←
思い込みってコワイネーd(^-^)
2015.08.21 00:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する