Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見舞いに行きます (ヘミン)

みなさん、こんばんみ★

ついにヒョクとドンヘが兵役に行ってしまいましたね…。
ドンヘの誕生日にもなんにもできませんでした。

便乗で申し訳ないのですが、盟友みゆずくさんがツイッターで、とある入院キュミン話をお書きになり、
それを見ていたドンヘっていう設定で書かせてもらいました。
みゆずくさんの垢をフォローしてる人はぜひ!読みに行ってください。
みゆずくさんの垢をフォローしてない人も、これだけ読んで楽しめるようにはしておりますが、
読んでいたら楽しさ倍増・・・・!?になるかな?どうかな?
な、お話です。

本当はツイッタであげればいいんでしょうけど、そろそろまた一カ月書いてませんよ広告が出そうなのでこちらで・・・。
ところで、ツイ垢とブログとどちがら見やすいでしょうか?

そんなわけで、楽しんでいただけたら嬉しいです。



お見舞いに行きます (ヘミン)




職場の先輩である、ソンミニヒョンが入院をした。
転んだときにバランスを崩して骨折してしまったらしい。
全治・・・何ヶ月?かわからないけど、俺にとっては一大事。
毎日仕事でささくれたときにはヒョンの笑顔を見て元気をもらっていた。
どんなにいやなことがあっても、ヒョンの笑顔を見れば元気百倍だ。
そんなヒョンが入院で・・・いつ退院するかなんてわからないなんて、マジ死活問題。
は~~~~~~~っと長いため息が出た。
隣に座るひょくが俺の盛大なため息を聞いて、明らかに嫌そうな顔を向けてくる。
んだよ・・・ため息の一つや二つ、つかせろよ。

「おい、ドンへ」
「なんだよ」
「煩い」
「おま・・・俺がへこんでるっていうのに・・・もっと優しくしてくれよ」
「はぁ?仕事中なんだからしゃきっとしろよ」

と、ヒョクが厳しい視線を投げつけてくる。
俺だってしゃきっと仕事をしたいよ。
でも・・・ヒョンのことが心配で、仕事が手に付かないんだ。
病院で寂しくしてないかな。暇してないかな。
痛くて・・・苦しんでないかな。
そんなことを考えるといてもたってもいられない。

・・・そうだ。
お見舞いに行こう!
きっとヒョンも来てくれたら嬉しいはずだし、もしかしたら俺たちの距離が近くなるかもしれない。

「ヒョク」
「んだよ」
「ソンミニヒョンってどこに入院してるか知ってる?」
「へ?お前・・・もしかして・・・見舞いに行こうとしてる?」
「そうだけど」
「・・・止めといたら?」
「なんで??」

ヒョクの意外な言葉に俺は素直に驚いた。
なんで止めろなんて・・・言う?
俺、実はヒョンに嫌われてるとか?

なんで?なんで???

ヒョクの言葉の意味がわからなくて、頭の上にたくさんのクエスチョンマークを浮かべていると、
ヒョクがふぅと短くため息をついた。
んだよ。
人にため息つくなとかなんとか言っといて。

「目がハートになってるお前に何言っても通じないと思うけど、とりあえず、俺は
いかないほうがいいと思う。」
「はー?ぜんぜんお前の言ってる意味わかんね。目がハートってなんだよ」
「いや・・・わかんないならいいけど」
「ふん。もういい。シウォンに聞くから」

ヒョクが教えてくれないなら、シウォンに聞く。
俺はすぐに席を立って、隣のしまに座るシウォンに聞きに言った。
そこでも、ヒョク同様シウォンも俺が見舞いに行くことに対していい顔をしなかった。
なんでだよ。
なんで見舞いに行ったらだめなのか・・・わかんない。
けれど、シウォンは俺が相当困った顔をしていたのか、一緒に行こうと言ってくれた。
さすがシウォン!
一生恩にきるぜ!と、俺は仕事が終わるとすぐにシウォンとソンミニヒョンの入院する
病院へと急いだ。


俺の天使。
いや、俺の女神・・・。
ヒョンが笑うだけで俺は幸せになる。
ヒョンがそばにいてくれれば、俺はもう何もいらない。

そんな俺の感情は、たぶんだだ漏れだったようで・・・だから、ヒョクもシウォンも
行くなと言ったんだろう。
言った意味を、病院について早々に気づかされた。
病室にはすでにキュヒョンが来ていて、病室の扉のわずかな隙間から二人が仲睦まじく
話しているのが聞こえ漏れていた。
明らかに、先輩と後輩とは違う話し方、そして話の内容・・・。

そうか・・・。
だから・・・いくなって言ったのか。
俺が傷つくの分かって・・・・言ってくれてたのか。

病室の前で呆然と立つ俺の肩にシウォンの暖かい手が置かれる。
シウォン・・・お前も知ってたんだな。
知らないのは・・・俺だけだったんだ。

「ドンへ・・・」
「シウォン。ごめん。」
「何を・・・謝る」
「わざわざ・・・付いてきてくれたんだろう?俺が悲しむのわかってたから」
「・・・」
「気を使わせて悪かった。帰りに、おいしいものでも食べていこうぜ。
おごるからさ」
「ドンへ・・・」

シウォンが、優しく俺を抱きしめてくれた。
病室の前で男二人抱き合ってるなんて、はたから見たら気持ち悪いだろうけど、
今は許して欲しい。

「ドンへ。つらい時は俺を頼れ」
「・・・わかった」
「俺はお前のためにソンミニヒョンのモノマネを習得したから
いつでも言ってくれ」
「え・・・」
「俺をソンミニヒョンだと思って、俺の胸に飛び込んで来い」
「だから・・・・お前のモノマネ、似てないっての」
「なに?そんなことあるはずがない」
「いや、似てないって前から・・・」
「おいで~ソンミニヒョンだよ~」
「マジ似てないし!!!!!」

俺はシウォンを蹴り飛ばす。
それでもなぜ似てない?と首をかしげるシウォンに呆れたけれど、
まったく似てないヒョンのモノマネで和んでる俺もいた。
不器用なシウォンの精一杯の慰めに今はただ感謝だ。

ありがとう、シウォン。
俺、ヒョンが退院してきても笑って迎えられそうな気がする。

それにしても・・あの二人がねぇ。
絶対俺のほうがヒョンに似合ってるって思うんだけど、皆もそう思わない?




+END+



結局これかーーーいぃ!!!!!!
な終わり方でごめんなさい。

退院おめでとう!
でも無理はしないでくださいねっと。

http://privatter.net/p/1101694
ちなみに、元ネタのみゆずくさんのお話はこちら。
盗み見ネタ了承してくれてありがとう!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

みゆずく says... "シヘミン?"
シヘだとばっかり思ってたから
ヘミン?なぜ?と
思ってしまったよw
そういうことなのね♪
シウォニもヒョクもいい人なのね♡
でも結局は
キュミンとシヘなのねw
ああ美味しい♡

こちらこそ書いてくれて
ありがとう\(^^)/
っていうか、そもそも
読んでくれてありがとうwww
病院関係者がみたら噴飯モノだよね
きっと…w
2015.10.25 15:55 | URL | #- [edit]
ピカピカ☆5 says... "こんにちは♪"
まぴこさま、こんにちはー!!

「おいで~ ソンミニヒョンだよ~」ってシウォンのフレーズ(笑)、ずっと前にも笑ったような…(≧▼≦)。

キュミンが一番好きですが、それに絡むドンへも大好き♪
ドンへがソンミンを思う気持ちは勿論 本物だけど悲壮感がなくて、たとえ失恋しても何か爽やかで…まぴこさまのヘミンだなぁと思いました。
あ、でも ずっと以前のお話、「ヒョンはつらいよ」でしたか…あの時のドンへの失恋は爽やかさはぶっ飛び泣きましたけど(^-^;←凄いインパクトでした!!!!

今回のお話、ヒョッくんやシウォンの友情も素敵ですね。
リアルではシウォンももうすぐ入隊ですが、三人ともどうか無事で、先に入隊したシンミンも健康で、待つ身にとっては祈るだけですが、それでもお話を書いて下さる作家さんや日々話題を下さるブロガーさんに感謝して明るい気持ちでいようと思っています!!って何かお話のコメントのはずが私の意思表明になっちゃってごめんなさい!!

個人的にはブログでお話アップして頂いて良かったです~!!
2015.11.03 11:52 | URL | #vXeIqmFk [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。