Sweet Holiday

SUPERJUNIOR、イケメンですねの二次小説を書いています。 隣国のパールサファイアブルーのお兄さんたちのFFサイトです。 ソンミンペンですので、ミン君総受けFFが多いです。 キュミン・ヘミン・カンミン・イェウクなどあります。 色んなCPは苦手・・・という方はご遠慮ください。 二次小説、FF、BLの意味がわからない方はご遠慮ください。全て自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しいおにぎりが食べたくて (ヘギュ) *1

はっぴーーーーバーーースデーーーー

のちこさぁーーーーん!

てことで、来ました9月。
ヘギュ祭り月間!

余裕ぶっこいてた私の馬鹿馬鹿!
気がつけばもう9月!
そして、のちこさんの誕生日!
そして、ヘギュ強化月間!

だったのに、乗り遅れてすんません。
なんとなく1話をあげてみるけど、なんとなく終わってません・・・

9月が終わるまでにお話も終わりたい・・・。

てなわけで、またいつもの調子のお話ですみませんが、どぞー

美味しいおにぎりが食べたくて (ヘギュ) *1




その日、珍しく俺はコンビニに寄った。
所属しているサークルの打ち合わせが遅くなり、家にたどりつくまで
空腹に耐えられそうになかったからだ。
家に帰れば母が夕ご飯の仕度をして待っていてくれているはずだ。
今この瞬間の空腹をわずかに紛らわせれれば良い。
そんな思いで、大学から少し離れたコンビニへと足を踏み入れた。

「いらっしゃいませ~」

気の抜けた・・・あきらかにやる気のない声が店内に入るなり聞こえてきた。
カウンターには、少し明るい茶色の髪をした、自分と同じぐらいの年の男性がダルそうにたっている。
俺は、彼の前を素通りして、腹が満たされるものを物色する。
どこにでもある一般的なコンビニで、取り揃えている品数もほどほどだ。
パンにしようか、おにぎりにしようか・・・。
うろうろと棚の前で悩んでいると、あるおにぎりと目があった。
あったというのは大げさかもしれない。
でも、そのおにぎりが俺に言う。

「食べてください」と。

そんな風におにぎりが言うわけがないが、いわれたような気がしてカウンターへと
持っていく。
冷たく冷えた、「筋子」のおにぎり。
この際冷たくても良い。
腹が満たされるなら・・・。

「おにぎり、温めますか~」

店員のまさかの言葉に財布からお金を出す手が止まった。
筋子の・・・おにぎりを温める?
まさか?
そんなこと、この店のマニュアルに・・・あるのか?

筋子のおにぎりを持って俺の返事を待つ店員をまじまじと見つめてしまった。

「あた・・・?」
「温めるの~?温めないの~?どっち?」

呆けている俺に答えを求める店員は相変わらずダルそうな口調だ。
けれど、どちらか選べと俺に問う。
どっちでも良いのはダメなのか。
俺が選ばなくてはいけないのか。

悩んだ。
俺は悩んだ挙句、こう答えた。

「温めてください・・・」
「はいよ~」

店員は、手馴れた動作で筋子のおにぎりをレンジに入れた。
ブーンとレンジが回る。回る、回るよ筋子が回る・・・。
筋子を乗せてレンジが回ってる・・・。

「150円になりまーす」
「え?」
「だから、150円だって」

レンジの中の筋子のおにぎりに夢中になりすぎて、俺はお金を出すのを忘れてしまっていた。
あわてて小銭を出すと、店員はしかめっ面をしていた。
チンと彼の背後のレンジがなった。
ほかほかに温まった筋子のおにぎりが俺に手渡される。

「ありがとうございました~」

彼は愛想笑いを浮かべて俺を送り出した。
筋子のおにぎりをチンするのは普通のことなのだろうか。
店のマニュアルなのだろうか。
戸惑いながら、俺はほかほかな筋子のおにぎりを一口食べた。

「お・・・美味しい!」

絶妙な温め加減。
中の筋子は煮えてない。
けれども、ご飯は温かく、コンビニでこんなに美味しいおにぎりを食べたのは初めてだ。

俺は、思わずコンビニに戻ってこの感動を伝えたくなった。
大げさだろうか。
おにぎりを温めることは彼には日常茶飯事のことで、感動するなんて意味がわからないかもしれない。
変なヤツだと思われるかもしれない。
それでも、彼になんとか感謝の言葉を伝えたい。

湧き出る感情を俺はムリヤリ押さえつけた。
怪しい男だと思われたら困る。
そのせいでおにぎりが買えなくなったら大変だ。




***



ヘギュです、ヘギュ!

いつものコンビにですけど、いつもの筋子野郎ですけど、
お話はつながってません。(ややこしくてすみません。同じ設定を使いまわし・・・・)

最後までこんな調子で続きますが、楽しんでもらえたら幸いです
関連記事
スポンサーサイト

Comment

☆ニア☆ says... ""
出た〜

筋子野郎(≧∇≦)

お話は繋がってないんですね
ミンくんとどんちゃんが
ギュを奪い合うわけではない……

なら
よかった〜
思い存分ヘギュを
楽しみます♪♪

いやいや
取り合うのもみたいですが
それはやはり
どんちゃんとギュが
ミンくんを取り合うのがみたい\(//∇//)\
2016.09.11 21:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。